● ユーザ登録するには → ユーザ登録希望
● ユーザ登録済みなら → ログインする
最新の
あなたの ● 公開作品番号する
● このページ = open.php
● 管理者から連絡:ユーザ共通 alert として用いるかどうか検討中。(現在は用いていない)

http://www.orpheus-music.org/open.php?id=304937
id = 304937 | 6.732 MB | 技術点=2.7点 | 28 票 | 栞0 回 | 再生1902 回

メニューとコメント(4 件)を表示
 
 

[Orpheus 開発チーム] 2015/02/12 Thu 21:36:10
派手でないですが、曲としての完成度は極めて高いと思います。しっとりとした情感があり、共感を呼びます。歌詞にはコメントしない方針ですが、静かな心で待っていて、いつか青い空に響く鐘が聞こえるといいですね。(ss)
[清流さん] 2015/02/13 Fri 10:59:22
コメントいただきありがとうございます。曲は気に入ったコード進行を寄せ集めて作った結果誕生した曲でそ自分の作った中じゃ二番目に好きな曲だったりします。
[グナマーナ正大師] 2020/05/11 Mon 17:31:25
オウム真理教ウルヴェーラ・カッサパ正悟師の名曲「真理の鐘を待つ歌九首」のオマージュですね。 真理の鐘を待つ歌九首は歌詞の先頭を一音ずつ取ると「あさはらふつかつす=麻原復活す」になるのですが、この曲、青き空の鐘を待つの場合は歌詞の先頭を二音(最後のみ一音)ずつ取ると「からさわたかひろふつかつす=唐澤貴洋復活す」になります。 個人的に真理の鐘を待つ歌九首はオウムソングの中でも2,3番目に好きな曲なので、こういう曲があるのは嬉しいですね。 ウルヴェーラ・カッサパ正悟師は音大出身なだけあって歌は上手く、麻原彰晃とは比べ物にならないので元ネタの方も是非一度聞いてみて欲しいです。
[グナマーナ正大師] 2020/05/12 Tue 00:05:34
元々清流さんに興味を持ったきっかけは、4日に投稿された「味覚のうた」でした。「味覚のうた」というタイトルが故マンジュシュリー・ミトラ正大師の歌う「味覚の歌」と酷似していたからです。 しかし、言葉遊びが共通している上に歌詞に「オウム」や「救済」が入っている青き空の鐘を待つ歌と違ってこちらは偶然タイトルが似てしまっただけかもしれません。

《楽譜pdfと歌詞表示》 《高精細楽譜pdfを大表示》 ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。 《読みと抑揚を表示》 《高精細楽譜pdfを表示》
青き空の鐘を待つ
清流さん
空っぽになった自分の心
誰かが救済されることもなく
その背負った罪はどれほど深いのかも
知らずただあの青い空を見上げる
沢を流れる清水を見つめ
感傷に浸りその身を沢へ
投げ出す事も考えて
だけどその一歩が踏み出せず
高く空を舞い上がる鳥は色鮮やかな外来種
インコなのかオウムなのかは分からない
いるべきでは無い場所に住み着く彼らを
僕はただ悔しがるしかなかった
広い世界を知らない井戸の中の蛙
かつて高き空から聞こえた鐘の音は
聞こえなくなり静まり返る
そして聞こえるのは鳥の羽ばたきだけ
普通の人になれない人の悲しみ
20年前も20年後も変わらない
哀れみの牢獄に囚われて
まだ空を見続ける
かつての自分を思い出してみる
あの頃には何も縛られず生きてたはず
背負った罪もなにも感じられず
ただ自由だったはずなのに
全てをあの頃に戻してほしい
何もかもを失う前の自分に
もう一度聞きたい聞くまで待ち続ける
青い空に響きわたるあの鐘を