Version 3.11 (Nov 2017) [ →開発の歴史]
07:04:46 up 1204 days, 18:58, / load average: 0.08,

●ユーザ登録するには → ユーザ登録希望
●ユーザ登録済みなら → ログインする
作品番号 = 423566 | 2017/07/28 | 8.188 MB | 技術点 = 3.5点 | 49 票 | 4 コメント | 1026 回再生

気に入ったら いいね! | ブックマークする | 皆へ推薦する | 歌詞がいい | コメントする | コメント非表示
作曲条件表示 | ♪二重唱にする | この曲を手本に作曲 | ダウンロード

[吉ダー] 2017/07/29 Sat 12:31:29
間奏の音が踏切のように聞こえて面白かったです
[かとまる] 2017/07/29 Sat 23:09:36
はかなさと疾走感が胸をうつ名曲だと思います!
[無香料] 2017/08/04 Fri 11:34:09
ありがとうございます!
[橙] 2017/09/05 Tue 22:26:07
レベル高い…!ここまで使いこなす無香料さんはOrpheusのプロと言っても過言ではないです!

《読み表示》
名古屋駅
無香料
鶴舞線に乗り込んで
あの娘と一緒に街に出る
五月蠅い蝉も聞こえない
地下鉄に揺られ街に出る
焼売でも食べたいと
思ってないのに君が言う
七月も終わりに近いのに
名古屋雨が駅に降る
あー僕らがいつか
死体になる時に
今日の日の事なんか
出てこないんだろう
少なかった車内に
次々人が乗ってこれば
目的地が近い証拠
それでも君は暗い少女
あー僕らがいつか
死体になる時に
今日の日の事なんか
忘れてるんだろう
憂鬱そうに窓見てる
地下鉄は歩みを止める
人波は君の邪魔をして
駅の出口にたどり着く
巨大な人形の足元で
待ち合わせしてる学生に
君は殺意を向けながら
名古屋雨が駅にふる
あー僕らがいつか
死体になる時に
今日の日の事なんか
出てこないんだろう
あー僕らがいつか
死体になる時に
今日の日の事なんか
忘れてるんだろう
名古屋駅
あー僕らがいつか
死体になる時に
今日の日の事なんか
忘れてるんだろう

《下の楽譜をpdfで表示》 《楽譜pdfを大表示》
ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。