Version 3.10 (July 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望
作品番号 = 379321 | 2016/07/19 | 12.628 MB | 技術点 = 5.3点 | 7 票 | 3 コメント | 825 回再生
この曲は二重唱作曲機能を用いています。

気に入ったら | ブックマークする | 皆へ推薦する | この曲を手本にして作曲する
作曲条件表示 | 二重唱条件表示 | ダウンロード | コメントする | コメント非表示

[曲調がすごく良いですね、好きです!] 2016/07/19 Tue 21:47:41
この曲聴いてて思ったんですが、音域上限と音域下限をそれぞれ1オクターブずつ広げられることって可能でしょうか?(上限をA6#、下限をE2) 1オクターブずつじゃなくても、広げられたら、また可能性が広がる気がします。
[欲を言えば] 2016/07/19 Tue 21:54:29
音域上限をA7#、音域下限をE1まで広げられたらいい気がします。ストリングスやロックオルガンは超高音、ベースは超低音で活かされる楽器だと思ったので
[あと、更に] 2016/07/19 Tue 22:05:47
現在、音域上限はA5#~G4、音域下限はG4~E3 と決められていますが、それぞれの範囲をもっと広くできないでしょうか? 広げることが可能なら、例えば音域上限をA5#、音域下限をC5に設定してサビをひたすら高く歌わせる、ということが可能になりそうです。
[差分解読法] 2016/07/19 Tue 22:46:37
ありがとうございます!私も同意見です。最大まで音域を高く絞っても下限がG4まであるので、サビはとても苦労しました。最後のサビは同じ歌詞の繰り返しですが、読みと抑揚はそれぞれに合わせて調整しました。
[無香料] 2016/07/22 Fri 15:26:11
終盤あんなに高音連発なのにサイクロプス音が気にならないのは凄いです!

鐘が鳴る
差分解読法
<読みを表示?>
遥か上空まで届く
越えるには高すぎる壁
重い体を動かし
その壁を打ち砕く
"
"
"
凍り付いた空間
真夏の熱に融かされ
人々はそれぞれの道へ
動き始める
"
近づくあの時間
真夏の熱気にあてられ
熱暴走を繰り返す頭と
融けきらぬ冷たい心
"
"
溶けだす思考
解けない難問
 あと一秒
 その時 鐘がなる
"
"
"
"
"
"
"
"
"
"
凍り付いた空間
真夏の熱に融かされ
人々はそれぞれの道へ
動き始める
"
近づくあの時間
真夏の熱気にあてられ
熱暴走を繰り返す頭と
融けきらぬ冷たい心
"
"
"
溶けだす思考
解けない難問
 あと一秒
 その時 鐘がなる
"
溶けだす思考
解けない難問
 あと一秒
 その時 鐘がなる
"
"
溶けだす思考
解けない難問
 あと一秒
 その時 鐘がなる
"
溶けだす思考
解けない難問
 あと一秒
 その時 鐘がなる
"
"

楽譜をpdf表示するには<ここ>ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。