Version 3.11 (Nov 2017) [ →開発の歴史]
04:12:12 up 1149 days, 16:06, / load average: 0.06,

●ユーザ登録するには → ユーザ登録希望
●ユーザ登録済みなら → ログインする
作品番号 = 338057 | 2015/10/08 | 5.856 MB | 技術点 = 3.0点 | 34 票 | 0 コメント | 825 回再生

気に入ったら いいね! | ブックマークする | 皆へ推薦する | 歌詞がいい | コメントする
作曲条件表示 | ♪二重唱にする | この曲を手本に作曲 | ダウンロード

《読み表示》
デジタルスティック
すわわ
古より作られ続けて来た無数の作品達
人々は己の想いを作品に乗せ
あらゆる手法で表現し続けて来た
そしてまた作品は後世へと旅立つ
その表現の仕方は歴史を重ね進化し
石を彫ったり紙に文字を書いたりしたものが
いつの間にかデジタルデータになっていて
人々はデジタルスティックで記録する様になった
そして次第にデジタルスティックが広まって
劣化しない作品の存続を考えるようになった
これなら自分の作った作品は
死後も劣化はしないだろう とね
しかし長い年月が過ぎその作品データは
規格が古くなってしまっていて
放置され歴史の闇へと消えた
0と1の正体不明のエイリああああああああああン!!
人々は長い歴史の中で
作品が記録された
デジタルスティックを見つけた
果たして解読することが出来るでしょうか?
管理が必要なデジタルスティックは
作品の存続が意外と難しい
古より伝わってきた表現手法は
劣化はするけど感情で解読が出来る

《下の楽譜をpdfで表示》 《楽譜pdfを大表示》
ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。