Version 3.11 (Nov 2017) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●ユーザ登録するには → ユーザ登録希望
作品番号 = 317019 | 13.004 MB | 技術点 = 6.3点 | 2 票 | 0 コメント | 997 回再生

気に入ったら | ブックマークする | 皆へ推薦する | この曲を手本にして作曲する
作曲条件表示 | ♪二重唱にする | ダウンロード | コメントする

ルービックキューブ3×3ツクダ式解法
すわわ
<読みを表示?>
■ステップ1
「完全1面を作る」
センターキューブの色を決め
コーナーキューブの色を揃えよう
イメージとしては下段の
コーナーキューブを左右のパターンで
交互に動かしながら
上段に移動するような
コーナーキューブが揃ったら
サブキューブの穴を埋めよう
これも基本は同じく左右のパターンで
これで上段の色が全て揃った
♪旋律
■ステップ2
「下段のコーナーキューブの位置を揃える」
下段のコーナーキューブの位置は3パターン有る
位置が合っていなければ位置交換をしよう
位置は3パターン有るけど
位置交換のパターンは1つだけ
だけど操作としては8回
覚え難いからキューブの移動を意識
■ステップ3 完全2面に向けて連続して行くよ
「下段のコーナーキューブの向きを揃える」
キューブを完全1面の下から見て
向きのパターン5つを判断する
向き交換のパターンも1つだけ
操作も8回だけど
操作を繰り返すかは向きのパターンによる
これで下段のコーナーキューブの色が揃った
■ステップ4
「下段のサブキューブの穴を埋める」
ここを乗り切ればあとは楽
完全2面を目指そう
パターンは3つあって中段操作も多い
操作ミスが最も起こる部分
ステップ1の応用系
これで完全2面の完成 あと一息
♪旋律
■ステップ5
「中段のサブキューブの位置交換」
まずセンターキューブの色を合わせる為
中段を回そう
この段階だと運が良ければ完成する
位置交換の手順は単調
だけどキューブの移動を把握しないと
無限ループする
■ステップ6 最終局面
「中段のサブキューブの向きを変換」
ルービックス・マヌーバーというパターンを使うよ
操作は12回だけど単調だから覚えよう
終に完成
お疲れ様でした
余裕な人はレイヤー・バイ・レイヤー法の
底無し沼へ

楽譜をpdf表示するには<ここ>ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。