Version 3.10 (July 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望
作品番号 = 304703 | 2015/01/15 | 10.504 MB | 技術点 = 6.8点 | 7 票 | 1 コメント | 1271 回再生
この曲は二重唱作曲機能を用いています。

気に入ったら | ブックマークする | 皆へ推薦する | この曲を手本にして作曲する
作曲条件表示 | 二重唱条件表示 | ダウンロード | コメントする | コメント非表示

[macii] 2017/04/02 Sun 00:35:36
歌詞の比喩が瞬時に頭の中で具体に変わり、また、複雑な味わいのコードがひたすら一本線でつづくので聞き入っていた所に後半の怒濤の展開、絶句、非常にカタルシスを感じました。

プラネット・コラプス
MC Co-HEY
<読みを表示?>
"
"
"
"
"
"
僕らの住む星 人が増えすぎて
僕らの吐くガスが 星を傷つけた
僕らの住む星 人が増えすぎて
重みに耐えられず 地面が軋む
"
"
"
僕らの愛したこの星は
愛した分だけ歪んでく
歪んだ分だけ壊れてく
魑魅魍魎を招きながら
"
僕らの住む星 人が増えすぎて
僕らの吐くガスが 星を傷つけた
僕らの住む星 人が増えすぎて
重みに耐えられず 地面が軋んでいく
"
"
星の欠片を売ろうとする奴がいる
それが気に食わない奴がいる
彼らの悪意が衝突して
ガスが発生した
ガスに満ちた空間で
もがく人々がまたガスを撒き散らす
「これが世界の終わりなんだよ」と
彼が笑ってる気がした
UH
"
僕らの住む星 人が増えすぎて
僕らの吐くガスが 星を傷つけた
僕らの住む星 人が増えすぎて
重みに耐えられず 地面が軋む
"
新しい星 僕らが見つけても
星が巡るように 僕らは繰り返す
僕らが住む星 人が増えすぎて
壊れながら 僕らを背負ってく
LaLa....
"
"
"

楽譜をpdf表示するには<ここ>ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。