Version 3.10 (July 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望
作品番号 = 285294 | 3.068 MB | 技術点 = 4.0点 | 16 票 | 4 コメント | 1430 回再生
この曲は二重唱作曲機能を用いています。

気に入ったら | ブックマークする | 皆へ推薦する | この曲を手本にして作曲する
作曲条件表示 | 二重唱条件表示 | ダウンロード | コメントする | コメント非表示

[ジェフ] 2014/06/14 Sat 22:51:51
素晴らしい曲。まずイントロでティンパニとドラムの織り成す小気味よいリズムに引き込まれる。 歌に関しては、譜割りが不思議でよく作りこまれており、メロディもよい。 また巧みな二重唱も聞かせており、コーラスをつけたりハモリをつけたり、とてもいい塩梅で二重唱条件設定がされている。名曲。
[ガッシ] 2014/06/23 Mon 20:57:31
後半にかけての盛り上がりが素晴らしい
[清流さん] 2014/06/23 Mon 22:01:29
WCの歌なのかWBCの歌なのか どちらにしてもスポーツの代表戦で歌いたいそんな名曲だと思います
[モングロチョウ] 2016/05/27 Fri 21:33:08
出だしのティンパニとウッドブロックのコラボからこの曲に心奪われました!笑 リズムが良くてメロディに哀愁があって、聴いてて気持ちがいいです!280000番台の曲なので結構前の曲かもしれませんが、そのまま埋もれさせるのは勿体ない曲な気がします!

サムライの証明
山川
<読みを表示?>
"
おーおーおー "
"
誰かが合図したと同時にその球体を
知ってか知らずか僕ら追いかけていた
"
にわかだって影で馬鹿にされてることなんて
気にしている場合じゃない
"
ここまで来たんだ you know?
ここでお別れなんて言わせない
"
"
もしもこの時代にサムライがいるなら
それはあなた達だ
走れ走れ走れ蒼い風
"
少しでも近づきたい頂点
侍たちは僕らを導き伝説となる
"
"

楽譜をpdf表示するには<ここ>ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。