Version 3.10 (July 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望
作品番号 = 201201 | 4.932 MB | 技術点 = 2.8点 | 25 票 | 4 コメント | 2142 回再生
この曲は二重唱作曲機能を用いています。

気に入ったら | ブックマークする | 皆へ推薦する | この曲を手本にして作曲する
作曲条件表示 | 二重唱条件表示 | ダウンロード | コメントする | コメント非表示

[MixC] 2015/12/20 Sun 13:36:12
すごい・・・。気づいたら口ずさんでいてハッとすることが度々あります。
[YUKANO] 2016/07/30 Sat 16:42:06
うわああああなんかわからないけど泣けてきました。 すこしamazarashiっぽい曲だと思いました
[さやさや] 2016/11/07 Mon 16:47:09
CeVIOのさとうささらボイスでアレンジしてみました。 https://soundcloud.com/user-705729717/orpheus-1
[Alnair84375] 2016/11/26 Sat 21:17:48
この曲大好き!オルフェウスは最高!

オルフェウス最高
福浦さん<読みを表示?>
前奏 "
"
"
"
街を見下ろす巨大なビル群の中に潜り込む
光が彩る夜景を窓から手にしたレンズで掠め取る
君が見上げる粗末な蛍光灯に纏わりつく命
翼がはためく不快な音だけが響きわたる
"
必死になって集めたコレクションが今になって
ガラクタばかりだと気づかされてそれでもまだ捨てられなくて
考えてみれば生まれてこのかたそんなことばかりやってきた
やってきた
"
ねえ、いつになれば
こんな時代に終わりがくるのだろう
ねえ、どこにいれば
僕は肩の荷を降ろせるのでしょう?
"
"
"
朝を待たずに何処へと彷徨える彼は誰なのか
光に消えゆく正座の名前を手にしたナイフで削り取る
君に言われた些細な戯言などに惑わされる命
何かが壊れた不快な音だけが響き渡る
"
必死になって集めたコレクションが今になって
偽物ばかりだと教えられてそれでもまだ捨てられなくて
考えてみれば生まれてこのかたそんなことばかりやらされた
やらされた
"
間奏 "
ねえ、誰に聞けば
こんな時代に終わりが来るのかなあ
ねえ、そこにいてよ
僕は君とまだいられるのでしょう?
"
ああ、いつになれば
こんな時代に終わりがくるのだろう
ねえ、どこにいれば
僕は肩の荷を降ろせるのでしょう?
"
ねえ "
"
"

楽譜をpdf表示するには<ここ>ここに楽譜が表示されないときは、上方のメニューからpdfをダウンロードして下さい。