Version 3.10 (July 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望

自動作曲システム Orpheus(オルフェウス)

日本語の歌詞を入力すると、自動作曲して伴奏つきで合成音声で歌うシステムです。
条件設定を変えることで、いろいろな作曲結果が得られます。どうそ、お試し下さい。

これは、本システムの扉のページです。上のメニューで機能を選んで下さい。
どんな曲ができる?
●まず、<傑作選>から作曲サンプルを聴いて見て下さい。上のメニューの「聴く」から、 <特選曲><最新公開曲>も聴けます。 下の楽譜は一例。(クリックすると再生)

●自動作詞作曲したものを実際に人が歌った一例(NHK提供):
   http://www.nhk.or.jp/d-navi/kouhaku/ 「紅白The平均曲」
(2015.12.27放送。カラオケダウンロードも可。)

自動作曲するには?
●不適切な歌詞で作曲してネットで拡散する行為を防ぐため、ユーザ登録制を取っています。メニューの「初めに」→ <ユーザ登録希望>に記入し、パスワードが送られて来たら、<ユーザ登録完了>して下さい。<作者たち>に登録されます。

<自動作曲>で、日本語歌詞から自動で作曲し、伴奏付きの合成音声で歌います。その後に二重唱も作れます。

<自動作詞>は、登録前でも試して頂けます。

<作曲部品>では、和声進行(コード進行)、リズム、伴奏楽器、伴奏音形、ドラムスなど、自動作曲に用いる「部品」の使用頻度ランキングや解析などが見られます。和声進行と伴奏音形のサンプル音も聴けます(さといもさん作)。

システムの紹介

● 当システムは、自動作曲技術の研究開発を目的として、東京大学らの研究チームの研究成果を一般に公開し、試用(無料)して頂いています。どなたでも、公開作品を聴いたり、ダウンロードしたりできますが、自動作曲するにはユーザ登録(無料)が必要です。
● Ver 3.7 以後の累積作曲 387916曲。(+ Ver 2.1 の作品約20万曲)。 2013年9月時点で300万アクセスを突破しました。
免責事項: この web 実験システムは全くの無保証で一切の責任を負いません。作品はユーザの自己責任で自由にご利用いただけます。
● 連絡先: 開発者へのご提案やお問い合わせは、orpheus.music.org@gmail.com (全角文字を半角に直して)あてのメールでお願いします。ごく少人数で対応するので、応答が著しく遅れることがありますが、ご容赦下さい。