Version 3.9b (Feb 2016) [ →開発の歴史]
明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 嵯峨山研究室
もと東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻
旧・第一研究室 [嵯峨山/守谷/小野/亀岡/酒向/齋藤] (工学部 計数工学科)
自動作詞: 亜細亜大学(堀 玄 教授)


●あなたは未登録です。自動作曲実験に協力するには → ユーザ登録希望

オルフェウス 使用マニュアル

(Feb 2012 版 → 済みません、内容が古くなっているのですが、改訂が間に合っていません。)

⇒ 自動作曲実行へ

  1. 簡単な使い方(初めてのユーザに)
  2. どんな曲ができるのか? --- 作成例
  3. 免責事項
  4. 作成した作品の著作権
  5. 自動作曲の未来
  6. 自動作曲の原理
  7. 使い方のヒント
  8. うまく自動作曲に進まないとき
  9. 歌詞の入力のしかた
  10. 歌詞内容についての注意事項
  11. スタイルとは?
  12. 曲名
  13. 作者
  14. 楽譜表示
  15. 自動作曲 ID (識別子) とは?
  16. 読みと抑揚の修正のしかた
  17. 作曲条件
  18. 拍子設定
  19. リズム形(旋律リズムパターン)
  20. 和声進行
  21. 調の設定
  22. 音域
  23. 旋律の型
  24. 間奏短縮 (前奏・間奏・後奏の小節選択)
  25. 速度指定
  26. 歌声指定
  27. 伴奏楽器
  28. 伴奏音形
  29. サブ楽器
  30. サブ伴奏
  31. ドラムス
  32. 二重唱を作るには?
  33. Orpheus 開発協力者を募集します
  34. Orpheus 解説
  35. Ver. 2.1 から Ver. 3.x. への変更点
  36. Orpheus 開発の歴史
  37. Ver 3.0 開発工程(未完)

■ 簡単な使い方(初めてのユーザに)

  1. 先頭ページで、歌詞を入力して下さい。4行を一段落として、段落間には空行を入れて下さい。歌詞は健全な内容にして下さい。(そうでないと削除されることがあります。)
  2. 題名と、作者名を記入して下さい。(後の検索、投票機能のためです。記入しないと作曲できません。)
  3. 下方の「詳細設定」をクリックして下さい。
  4. 詳細設定のページでは、すでにランダムに設定されている設定を、お好きなように変更して下さい。初回は何も変更しないで先に進んでも構いません。
  5. 詳細設定ページの下方の「作曲する」をクリックして、しばらくお待ち下さい。
  6. 作曲が終了すると自動的にページが切り替わり、音楽が流れます。歌詞と楽譜が表示されます。ダウンロードや、投票や、二重唱作曲などの選択メニューも表示されます。

■ どんな曲ができるのか? --- 作成例

例えば、以下の歌詞を入力し、抑揚や読みを修正して、設定をいろいろ変えて作った曲が「こうしてこの研究は始まった」です。音符記号「♪」は、前奏・間奏・後奏の意味です。楽譜をクリックすると拡大できます。

「こうしてこの研究は始まった」

♪

作曲は子供のころからの夢だった。
作曲法も勉強したし曲も書いた。
しかし、他人の曲はいいと思うのに、
自分で作った曲はどれも気にいらない。

ならば、機械に作らせよう。
それなら自分の曲であって、
自分の曲ではない。
それならいつかは気にいるかも知れない。

♪

こうしてこの研究は始まった。
長い道のりだろうが、
喩えていえば、画家を諦めて、
写真術を開発した人のように。

♪

<聴く>

(この曲は、電子情報通信学会 音声研究会 と パターン認識・マルチメディア理解研究会 の合同研究会(2012.2.10 東北大学にて)での招待講演「数理モデルによる音楽情報処理」のために作成したものです。)


■ 免責事項

■ 作成した作品の著作権

このサービスは、歌唱曲を自動的に生成する理論と技術の研究と実証のために行う実験で、協力的なユーザに公開するものです。
公開・非公開を問わず、本実験の目的にそぐわない歌詞や作者名(個人攻撃・誹謗中傷・揶揄・著作権侵害・下品・公序良俗に反する語・他人の名の騙りなど)を用いてはいけません。
公開作品はどなたでも善意の利用ができるものとします。(中傷や揶揄など、歌詞による悪意の利用を阻止するために、審査確認してから公開しています。それまでは、本システムによる作品の著作権は本実験の運営者に属するものとします。詳細は(orpheus.music.org@gmail.com を半角に)にご相談ください。)
ユーザは、当サイト運営側の以下の免責事項を理解し合意するものとします。
  ・当サービスは研究開発中の技術の試行サービスであり、不完全な動作がしばしば生じます。
  ・当サービスを利用することによって生じるいかなる利用者の損害に関しても、 サービス提供者は責任を負いません。
  ・当サービスの内容や免責事項や運営指針は、予告なく変更されることがあります。変更以前の作品も、変更後の指針による取り扱いを受けるものとします。(これは、今まで悪用ユーザへの対策に追われたからです。)
この自動作曲実験結果は、公開あるいはダウンロードが許可されている場合以外は、ダウンロードや録音や配布をしてはなりません。(これも、不適切な作品が拡散しないようにするためです。) 許可なく商用目的で利用することは禁止しています。
本実験の目的にそぐわない不適切な行為(クラッキングなど)は行ってはいけません。 その他、運営者が不適切と考えるような行為があった場合、しかるべき対応を行う場合があります。

但し、著作権を侵害する恐れのある歌詞を使うとか、良識を疑うような歌詞であるとか、自動作曲した結果がたまたま著作権のある既存の曲に酷似していたとか、... などの場合は、公開をご遠慮下さい。

● リズムパターンの著作権について

ここに使われているリズムパターンに関しては、著作権の問題はないと考えています。

リズムパターンは音楽の基本要素で、和声進行パターンと同様、人類の共通の財産と考えて良いと思われます。どんな独特のリズムパターンでも、恐らく過去にどこかで使われたことがあったに違いありません。文章に喩えると品詞列のようなもので、小説は著作権の対象になるが、その文章の品詞列(たとえば「吾輩は猫である」は、名詞・助詞・名詞・助詞・助動詞の列です)に関しては著作権の対象になりえないと同様でしょう。

実際、古今東西、リズムパターンが似ている曲は多くあります。

● 和声進行の著作権について

ここに使われている和声進行に関しては、著作権の問題はないと考えています。

和声進行は音楽の基本要素で、リズムパターンと同様、人類の共通の財産と考えて良いと思われます。どんな独特のコード進行があっても、恐らく過去にどこかで使われたことがあったに違いありません。文章に喩えると品詞列のようなもので、小説は著作権の対象になるが、その文章の品詞列(たとえば「吾輩は猫である」は、名詞・助詞・名詞・助詞・助動詞の列です)に関しては著作権の対象になりえないと同様でしょう。

実際、古今東西、コード進行が似ている曲は多くあります。たとえば、

は、和音(コード)進行が殆ど同じで、どれもハ長調で表せば C G Am F C G C の型(少し違うところもある)です。

● 本サービスのその他の要素に関する著作権について

その他の要素、すなわち楽器編成や、ドラムパターンや、速度指定や、音域や、調などに関しても、著作権の問題はないと考えています。

■ 自動作曲の未来

今後の音楽作曲はどういう歴史を辿ることになるのでしょう? 開発者の考えを述べます。

まず、別の分野で考えてみましょう。たとえば肖像画。写真が発明される前は、絵描きの技術を持った肖像画の画家が、依頼者の肖像を一枚ずつ時間を掛けて書いていました。しかし、なかなか、街の肖像画家に、本人にそっくりに書いて貰えるとは限らなかったでしょう。たとえば、モーツァルトの肖像画はいくつか残っていますが、それらは同一人物とは思えないほどです。また、誰もが肖像画を残せるほど裕福ではなかったでしょう。一方では、宮廷画家たちは、記録としての肖像画だけでなく、芸術的にも価値がある肖像画も描きました。

写真術が発明されて、いわば機械が画を描いてくれるようになりました。当初は湿式あるいは乾板による白黒写真でしたが、手描きの肖像画よりずっと簡単に安価に、しかも本人にそっくりの肖像画、つまり「写真」が撮れるようになりました。誰もが質の高い肖像画を残せるようになったのです。とは言え、数年に一度、写真館に行って記念の家族写真を撮る程度でした。なかなか気軽に、とは行かなかったでしょう。また、人手で描く肖像画のような芸術性を期待することはなかったでしょう。

その後は、小型カメラや写真フィルムが開発され、もっと日常的に写真が撮れるようになりました。カラー写真も開発され、広がって行きました。現代はディジタルカメラの時代です。気軽に写真が撮れるようになり、肖像は何枚も撮って、その中から気に入った写真を選ぶようになりました。かつては人手と日時を掛けて一枚の肖像画を作っていたのとは対照的です。

一方、照明や背景や画角などを工夫する「写真芸術」も生まれました。また、肖像画を書くことは、写真では代用できない芸術として今も行われています。

では、作曲はどうでしょうか? 現在は、ちょうど肖像画のように、一曲一曲時間を掛けて専門あるいはアマチュアの作曲家が手作りで作ります。将来もこのままでしょうか?

肖像画の歴史と同じような歴史を辿るとすれば、まずは写真術に相当するような機械による自動作曲が生まれて、簡単な用途には使えるようになるでしょう。つまり、わざわざ作曲家に依頼して作曲して貰うほどでもないような用途からです。

写真における画角や照明や絞りやシャッター速度などを芸術的あるいは職人的感覚で人手で設定してよい写真を撮っていました。自動作曲の当初(つまり今です)は、同じように、自動作曲条件を芸術的あるいは職人的感覚で設定して、いい曲を作る人が現れるでしょう。自動作曲システムはカメラのようなもので、良い作品を作るにはそのようなセンスが必要でしょう。

やがては、カメラによる写真芸術と同じように、自動作曲を驚異的な職人芸で活用した「自動作曲芸術」が生まれるのではないでしょうか(そんなことを「爆問学問」で話しました)。どうすればそのような未来に通じる道を準備できるだろうか、と考えながら、私たちは Orpheus システムを開発しています。


■ 自動作曲の原理

あるTV局から受けた質問に答える形で、原理の簡単な解説をしましょう。

Orpheus (オルフェウス) という名前の由来は?

Orpheus(オルペウス、オルフェウス)は、ギリシア神話に登場する竪琴の名手の名前です。

愛する妻 Eurydice(エウリュディケ、伊:エウリディーチェ、英:ユリディス)が毒蛇に噛まれて死んでしまったのを悲しみ、冥界へと連れ戻しにゆきます。途中で何度も阻まれますが、その度に切々と歌い奏でる音楽に、地獄の番人たちは感動してオルフェウスを通してやり、オルフェウスはついに黄泉の国の王のハディスに会うことができます。死者の黄泉帰りを許さないハディスも、彼の音楽に心を打たれ、ついにエウリュディケを連れて帰ることを許します。

ただし、その条件は、地上に帰るまでは決して妻の方を振り返ってはならない、というものでした。手を引き、足音は聞こえるものの、本当に妻がついて来ているのか、あと一歩のところで不安に駆られたオルフェウスは、ついに振り返ってしまいます。それを最後に、妻の姿は掻き消すように永遠に失われたのでした。これが、有名なオルフェウスの冥界下りの伝説です。日本のイザナギ、イザナミの伝説に似ている点も興味を持たれています。

この自動作曲システムは、そのような伝説のオルフェウスを目指して、自動作曲する機械を開発しました。研究が進んでいつか本物のオルフェウスに近づきたいものです。

オルフェウスとエウリディーチェの物語は、グルックのオペラでも有名です。その中の「精霊の踊り」は、死んで冥界に行ったエウリディーチェを、シャンゼリゼ(エリゼ原:極楽浄土)で精霊たちが迎える場面の名曲です。オッフェンバックの「天国と地獄」はそのパロディ喜劇です。その中のカンカン・ダンスは(運動会で必ず聞くくらい)有名ですね。さらにアカデミー賞映画「黒いオルフェ」はそれを現代のブラジルに移した話です。 ちなみに、当研究室の自動伴奏システムには Eurydice(ユリディス:英語読み)という名前を付けています。ピアノ奏者がピアノパートを弾くと、オーケストラがぴったりとついて来るシステムで、一人でピアノコンチェルト演奏を楽しめます。しかし、振り返ってはなりません。振り返ったら、架空のオーケストラの姿は消えてしまうのです。

どういう原理ですか?

歌詞のイントネーションの解析結果と、コード進行・リズム・伴奏のパターンに基づいて、 メロディの確率を計算し、最も確率の高いメロディを探索することで作曲をします。 ここで歌詞のイントネーションを作曲に使っていることがポイントです。 日本語はピッチアクセントの言語であるといわれ、音の高低によって意味が変わるため、 歌詞のピッチの高低に従った音高変化を持つメロディにすることで、より歌詞にふさわしいメロディができると考えられます。

何のために作ったのですか?

音楽の専門知識を持たない人でも、自分の歌詞でオリジナル曲を作曲できる愉しみを味わえるようにするためです。 また機械に作曲させることを契機に、人間がどのように名曲を作曲しているのかを冷静に見つめ直してみたい、という学術的な興味もあります。 究極には、今後システムの改良を続けることで、簡単にヒットソングが作れてしまうような機械を目指しています。

1台いくらするのですか?

現在のシステムは、ウェブ上で無料にて試していただけます。まだまだ発展途上のシステムですので、多くの皆様に使っていただきながら改良していけたらと考えています。 ちなみに、このシステムが動いているサーバは普通のパソコンなので、価格自体は十万円前後のものです。

開発にどのくらいの期間かかりましたか?

作曲原理の提案とプロトタイプの製作に半年、その後、約3年の間、ウェブアプリケーションとしての実装、パターンの充実、歌声のバリエーション増加、構成を持った長い曲をつくれるように、といったように、より本格的にユーザの作曲の要求に応えられるよう、改良が加えられてきました。2011年末に、さらに新しい作曲機能を伴って、パワーアップしたバージョン Ver. 3.0 の運用を開始しました。現在は、Ver. 3.1 を運用しています。今は、Ver. 3.4 を運用中です。

どんなことに使われていますか?

単に自分の作った歌詞で曲を作る、という我々の当初の予想を越えて、日々の何気ない一言で作曲をしていらっしゃる方、自分のひいきの野球チームの応援歌を作っていらっしゃる方、既存の曲の歌詞を入力して、作曲される曲の違いを聞く方など、様々な愉しみ方をしていただいているようです。2010年時点では、ウェブサイトで上で128,432曲が自動で生成されています。

詳しい参考資料は?

よろしければ、学会発表などをご覧ください。 この中で選ぶとすれば、OR学会誌のための解説論文「日本語歌詞からの自動作曲」が読み易いでしょう。 システム制御情報学会のための解説論文もあります。

評判は?


■ 使い方のヒント

自動作曲でヒット曲並みの名曲を作るのはまだ遠い夢ですが、用途を工夫すればそれなりに使えるかも知れません。

■ うまく自動作曲に進まないとき

申し訳ありません。言語解析部が脆弱で、歌詞をうまく解析できないで、自動作曲まで進めない場合があります。いくつかの例を挙げると: 上の例は、
  吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。

  何でも薄暗いじめじめした所で、ニヤーニヤー泣いて居た事だけは記憶して居る。
  吾輩はここで初めて人間というものを見た。

  しかもあとで聞くと、それは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
くらいが段落区切りとして適切です。また、句読点("。","、")を入れて下さい。

詳しくは、以下の入力法を読んでください。


■ 歌詞の入力のしかた

歌詞の例としては最初のページから「→例文」を見て下さい。例えば、

(1) 下に歌詞を入力して下さい。 [ 困ったら → 例文 or 自動作詞 ]
吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で
ニヤーニヤー泣いて居た事だけは記憶して居る。

♪

吾輩はここで初めて人間といふものを見た。
しかもあとで聞くと、それは書生という
人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。

この書生というのは、時々我々をつかまえて
煮て食うという話である。
しかしその当時は何という考えもなかったから、
別段恐しいとも思わなかった。

1番



間奏


2番



3番

のような感じです。1,2番のあとに♪(間奏)が入り3番が作られます。それぞれのテンポや曲想や楽器を「詳細設定」で変えることができます。

● 自分で歌詞を入力する場合

この入力データは、作曲 ID さえ分かれば誰でもアクセス可能なので、個人情報として守られるわけではないことに注意して下さい。

注意: 申し訳ないですが、入力歌詞が以下の場合は言語処理が失敗して、うまく作曲ができません。

● サンプル歌詞でテストしたい場合


● 自動作詞する場合

● 確率統計手法による自動作詞の原理


■ 歌詞内容の注意

当サイトは研究目的のために一般公開し、作品へのユーザ評価データも得て、自動作曲技術の向上と評価に役立てようとしています。一部の人のウケを狙った歌詞は、研究遂行上問題があると考えます。 以下の歌詞は禁止しています。 当サイトでは、ユーザの歌詞により生じた一切の法的問題について責任を負いません。当サイトで禁止する内容の歌詞の削除要求に対しては積極的に応じます。民事法上の問題が生じた場合の証拠保全等および刑事上の問題が生じた場合の捜査等には積極的に応じます。 特に、他人のビジネスの評判を落とすような歌詞を公表したら、そのために蒙った被害額を請求される可能性があります。まして、法律の専門家を中傷する歌詞など、相手を見くびり過ぎです。そのような、相手の評判を落とし、事業を妨害する行為は、多額の損害賠償金を請求され、裁判で負けてから後悔しても遅いでしょう。いま、そういう歌詞を書いてコミュニティ内で喝采を浴びている人に対して、知らぬうちに損害賠償請求の準備が進められているところかも知れません。

また、冗談で「爆弾を仕掛けた」と爆破予告をした犯人が逮捕された例も思い出してください。特定コミュニティ内では冗談が分からなければ馬鹿にされますが、コミュニティ外部では逆です。社会では、一見冗談に見えても、犯罪に該当する行為と見なされれば、それを根拠に捜査が行われたり、逮捕されたり、多額の賠償金を払わされたりします。「誰々を殺す」のような文面は、コミュニティ内では普通に使われている冗談だと理解されても、一般に公開されたら殺人予告です。ということは、逮捕覚悟でしょうね。 警察が動いて逮捕に踏み切ったらどうしますか? 殺されるかも知れない、と不安を感じた人が、薄々冗談だと知っていても、自衛手段を講じ、その費用を請求して来たら払いますか? 裁判で勝てますか?

当サイトは研究目的のために一般公開し、作品へのユーザ評価データも得て、自動作曲技術の向上と評価に役立てようとしています。純粋に音楽的評価を希望しているのに、他人を誹謗中傷する歌詞の曲が、歌詞から人気を得るのは、研究上も問題です。そのために、開発者側で作品を分類していますが、全作品のチェックは無理です。その代り、上記のような歌詞の削除要求には積極的に従います。また、刑事捜査には積極的に応じます。


■ スタイルとは?

本バージョンは、ユーザが詳細設定項目をいろいろに試して、気に入った条件で作曲することで、さまざまな曲のスタイルが実現できるようになっています。しかし、あらゆる条件の組み合わせを試すのは大変です。

そこで、作曲条件の組み合わせについて、開発者側からの「おすすめ」をいくつか用意し、スタイル設定できるようにしました。 選択肢から曲のスタイルを選ぶと、あらかじめそのスタイルに合うようなコード進行・リズム・伴奏のパターンを作曲条件にセットします。 これは、さらに次の「詳細設定」で細かく変更することもできます。

以下の項目から選べます。

校歌風 | 70年代フォーク調 | 明治時代風 | "Yesterday"風 | 弾き語り風 | バラード風 | "Snowman"風 | 「君を乗せて」風 | 初期ジャズ(Cakewalk)風 | 近代ロシア?風 | 無調音楽風 | 三味線 | 三味線2 | 行進曲風 | ギターとドラムス | 明るいポップス | ロック風?1 | ロック風?2 | オルガン | 教会音楽風 | 静かなオーケストラ1 | 静かなオーケストラ2 | ロック・ゆっくり | ロック・繊細 | ロック・クラシック調 | 悲しい・速い | 童謡風2 | のんびり | 少しせわしない | J-POP風 | 優しい感じ | 夢見る(男) | 早口・伴奏最小限 | 軽快(おすすめ) | 電話 | 早口高い声 | 切ない感じ | 童謡風3 | ethnic | スタイル17 | ドラム激しめロック | 神秘的 | 爆破音 | スタイル22 | スタイル23 | 眠たい | 騒がしい(おすすめ) | スタイル26 | スタイル27 | Nostalgic(おすすめ) | スタイル29 | スタイル30 | スタイル31 | スタイル32 | スタイル33 | スタイル35 | スタイル36 | スタイル37 | スタイル38 | スタイル39 | スタイル40 | スタイル41 | スタイル42 | スタイル43 | スタイル44 | スタイル45 | スタイル47 | スタイル49 | スタイル50 | スタイル51 | 忙しい | スタイル53 | スタイル54 | スタイル55 | スタイル56 | スタイル57 | スタイル58 | スタイル59 | スタイル60 | スタイル61 | スタイル62 | スタイル63 | スタイル64 | スタイル65 | スタイル66 | スタイル67 | スタイル68 | スタイル69 | スタイル70 | スタイル71 | スタイル72 | スタイル74 | スタイル75 | スタイル76 | スタイル77 | スタイル78 | スタイル79 | スタイル81 | スタイル82 | スタイル84 | スタイル85 | スタイル86 | スタイル88 | 堂々と | スタイル91 | せっかち | 明るい | スタイル94 | スタイル95 | スタイル96 | スタイル98 | スタイル99 | スタイル100 | スタイル101 | スタイル102 | 早歩き | スタイル105 | スタイル106 | スタイル107 | スタイル108 | スタイル109 | スタイル110 | スタイル111 | スタイル112 | スタイル113 | スタイル114 | スタイル116 | スタイル118 | スタイル119 | スタイル120 | スタイル121 | スタイル122 | スタイル123 | 変化のある | スタイル125 | インド風楽器伴奏 | スタイル128 | スタイル129 | スタイル130 | スタイル132 | スタイル133 | スタイル134 | スタイル135 | スタイル136 | スタイル137 | スタイル138 | スタイル139 | スタイル142 | スタイル143 | スタイル144 | スタイル146 | スタイル147 | スタイル148 | スタイル149 | スタイル150 | スタイル151 | スタイル152 | スタイル153 | スタイル154 | スタイル155 | スタイル156 | スタイル157 | スタイル158 | スタイル159 | スタイル160 | スタイル161 | スタイル162 | スタイル163 | スタイル164 | スタイル165 | スタイル167 | スタイル168 | スタイル169 | スタイル170 | スタイル171 | スタイル172 | スタイル173 | おだやか | スタイル175 | スタイル176 | スタイル177 | スタイル178 | スタイル180 | スタイル182 | スタイル183 | スタイル184 | スタイル185 | スタイル186 | スタイル187 | スタイル188 | スタイル189 | 牧歌的 | スタイル191 | スタイル192 | スタイル194 | スタイル195 | スタイル197 | スタイル199 | スタイル200 | バラード・前向き | スタイル202 | スタイル203 | スタイル204 | スタイル205 | スタイル207 | スタイル208 | スタイル209 | スタイル210 | スタイル211 | スタイル212 | スタイル213 | スタイル214 | スタイル215 | スタイル216 | スタイル217 | スタイル218 | スタイル219 | スタイル220 | スタイル221 | 鐘がなる | スタイル223 | スタイル224 | スタイル225 | スタイル226 | スタイル227 | スタイル228 | 不気味(コーラス付き) | スタイル231 | スタイル232 | スタイル233 | スタイル234 | スタイル235 | スタイル237 | スタイル238 | スタイル239 | スタイル241 | スタイル242 | スタイル243 | ひょうきん | スタイル245 | スタイル246 | スタイル247 | スタイル248 | スタイル249 | スタイル250 | スタイル251:落ち着いた | スタイル253 | スタイル255 | スタイル256 | スタイル257 | スタイル258 | スタイル260 | スタイル261 | スタイル262 | スタイル263 | スタイル264 | スタイル265 | スタイル266 | スタイル267 | スタイル268 | スタイル269 | スタイル270 | スタイル271 | スタイル272 | スタイル273 | スタイル274 | スタイル276 | スタイル277 | スタイル278 | スタイル279 | スタイル280 | スタイル282 | スタイル283 | スタイル284 | スタイル285 | スタイル286 | スタイル287 | スタイル288 | スタイル289 | スタイル290 | スタイル291 | スタイル292 | スタイル293 | スタイル294 | スタイル295 | スタイル296 | スタイル299 | スタイル300 | スタイル301 | スタイル302 | スタイル304 | スタイル305 | スタイル306 | スタイル307 | スタイル308 | スタイル309 | スタイル310 | スタイル311 | スタイル312 | スタイル313 | スタイル314 | スタイル315 | スタイル316 | スタイル317 | スタイル318 | スタイル321 | スタイル322 | スタイル324 | スタイル325 | スタイル326 | スタイル327 | スタイル328 | スタイル329 | スタイル330 | スタイル334 | スタイル335 | スタイル336 | スタイル337 | 変化のある中間部 | スタイル339 | スタイル340 | ほのぼの | スタイル342 | 訴えるように | スタイル344 | スタイル345 | スタイル347 | スタイル349 | スタイル350 | スタイル351 | スタイル352 | スタイル355 | スタイル358 | スタイル359 | スタイル361 | 元気のよい | スタイル363 | スタイル364 | スタイル365 | スタイル366 | スタイル367 | スタイル368 | スタイル369 | スタイル370 | スタイル372 | バンジョー | スタイル375 | スタイル376 | スタイル377 | スタイル379 | しゃれた感じでブンチャカ | スタイル381 | スタイル382 | スタイル384 | スタイル385 | スタイル386 | スタイル387 | のろのろ | スタイル389 | スタイル390 | コミカル | スタイル392 | まったり | スタイル394 | スタイル395 | スタイル396 | スタイル397 | スタイル398 | スタイル399 | スタイル400 | スタイル401 | スタイル402 | スタイル403 | スタイル404 | 素朴な | スタイル406 | スタイル407 | スタイル408 | ユーモラス | スタイル410 | のどかな | スタイル412 | スタイル414 | スタイル415 | スタイル417 | スタイル418 | スタイル419 | スタイル420 | エレキギター | スタイル422 | スタイル423 | スタイル424 | スタイル425 | スタイル426 | スタイル428 | スタイル429 | スタイル430 | スタイル431 | スタイル432 | スタイル433 | スタイル434:流れるような中間部 | スタイル435 | スタイル436 | スタイル437 | スタイル438 | スタイル439 | スタイル440 | スタイル441 | スタイル442 | スタイル443 | スタイル444 | スタイル445 | スタイル446 | スタイル447 | スタイル449 | スタイル451 | スタイル452 | スタイル453 | スタイル454 | おだやか3連符ドラム | スタイル456 | スタイル457 | スタイル458 | スタイル459 | スタイル460 | 繊細 | スタイル462 | スタイル463 | スタイル464 | スタイル467 | スタイル468 | スタイル469 | スタイル471 | スタイル473 | スタイル474 | スタイル476 | スタイル477 | スタイル479 | スタイル481 | スタイル482 | スタイル483 | スタイル485 | スタイル486 | スタイル487 | 波 | スタイル490 | スタイル491 | フォーク調・しゃれた中間部 | スタイル493 | スタイル494 | スタイル495 | スタイル496 | スタイル498 | スタイル499 |


■ 曲名

楽譜を印刷するときには、曲名がある方がいいでしょう。そのために曲名を入力できるようになっていますが、省略可能です。なお、このデータは、作曲 ID さえ分かれば誰でもアクセス可能なので、個人情報として守られるとは限らないことに注意して下さい。

また、優良作品として公開するときもタイトルがある方がアピールできます。また、自分で過去の曲を検索するときもタイトルが検索の対象になります。


■ 作者

上と同様に、楽譜を印刷するときのために作者名を入力できるようになっていますが、省略可能です。なお、このデータは、作曲 ID さえ分かれば誰でもアクセス可能なので、個人情報として守られるとは限らないことに注意して下さい。

また、自分で過去の曲を検索するときもタイトルが検索の対象になります。さらに、ユーザが、気に入った曲の作者の他の曲を探すのにも便利です。


■ 楽譜表示

作曲結果を表示するページで、ボーカルパート(歌の部分)だけを表示したり、歌と第一伴奏だけ表示したり、などいろいろなパターンが選択できます。以下の中から選べます。

■ 自動作曲 ID (識別子) とは?

Orpheus Ver. 3.0 以降では、作曲するたびに識別番号を曲に与えます。その番号を記録しておけば、一度作曲した曲を呼び出すことができ、その歌詞や条件を変えて新たな作曲ができます。これは、歌詞を何度も改訂したり、作曲の条件を何度も変えて試したりするときに便利です。(そうでないと、歌詞も作曲条件も全部自分の方に記録しておいて、自動作曲を再開するときにそれらをセットし直すことになりますね。)

ID は、ユーザが作曲を開始するたびに新たな番号と、4文字のパスワードの組み合わせて作られます。従って、銀行の4桁数字の暗証番号よりは安全性が高いですが、もともと安全を目指して作られているシステムではないので、入力された歌詞やタイトルや作者名などに高度なセキュリティが施されているわけでないことはご了承ください。


■ 読みと抑揚の修正のしかた

読み仮名欄にエラーメッセージが表示される場合

申し訳ありません。言語処理能力が不十分で、 入力歌詞が以下の場合は言語処理が失敗して、うまく作曲ができません。 エラー状態ではないですが、すべて平仮名で入力すると、単語区切りやイントネーション推定がうまく行きません。感じかな混じりで入力して、文の自動解析の後、手動で読み間違いやイントネーションを以下のように修正して下さい。

なぜ必要?

漢字かな混じりの日本語の漢字などの読み・抑揚を自動的に解析するのは容易ではありません。例えば、「今日」は「こんにち」かも知れないし「きょう」かも知れません。「最中」は「さいちゅう」とは限らず「もなか」かも知れません。特に人の名前や地名は、コンピュータにとっては難問です。

次に、抑揚をつけることもなかなか難しいです。例えば、関東方言(いわゆる標準語)では、「音楽」は「お↓んがく」のように、「お」から「ん」にかけてピッチが下がります。また、「研究」は「け↑んきゅう」のように、「け」から「ん」にかけてピッチが上がります。ところが、「音楽研究」は「お↑んがくけ↓んきゅう」のように、ピッチの上下がすっかり変わります。このように、日本語のアクセント規則は複雑です。

それなので、全部自動で正しく読みと抑揚をつけるのはなかなか難しいのです。

読みの表記

読みはカタカナで表示されているので、それを修正して下さい。その時に、単にカタカナ表記で はなく、発音を表記することに気をつけて下さい。たとえば、

「学校は楽しい」→「ガッコウハ/タノシイ/;」×

「学校は楽しい」→「ガッコオワ/タノシイ/;」○

です。また、「ー」や「~」のような記号は使えません。例えば「メール」は発音したい意図に従って「メエル」か「メイル」のようにカタカナだけにして下さい。つまり、

「今日中にメールを下さい。」→「キョ^ウジュウニ/メ^ールヲ/ク^ダサ_イ」×

「今日中にメールを下さい。」→「キョ^オジュウニ/メ^エルオ/ク^ダサ_イ」○
「今日中にメールを下さい。」→「キョ^オジュウニ/メ^イルオ/ク^ダサ_イ」○

です。

アクセントの表記

日本語では、アクセント句(ほぼ文節と同じ)を単位にして、音節ごとに高・低 の2種類のうちのどちらかのピッチを付加して、いわゆるアクセントがつけられます。 Orpheusでは、 アクセント句の終端を"/"で、 「低→高」の場合のピッチの上昇を"^"で、 「高→低」の場合のピッチの下降を"_"で表します。 たとえば、

「学校は楽しい」→「ガ^ッコオワ/タ^ノシ_イ/;」

「吾輩は猫である」→ 「ワ^ガハイワ/ネ_コデ/ア_ル/;」

のようにします。

節区切り

この自動作曲システムでは、音楽の2小節を単位にして、8小節で一段落の曲を作ります。2小節に含めるテキストをここでは「節(せつ)」と呼ぶことにすると、一段落のテキストを4つ節に区切らねばなりません。ここでは、節区切りを ";" で表しています。

しかし、どこに節区切りを置くのがよいかは、実は難しい問題です。文構造も考慮しなければならないし、歌詞の文字数(正しくはモーラ数)のバランスも必要だし、音楽的な効果も関係します。また、一段落のテキスト全体が長すぎたら、最後を少し切り捨てなければならないし、短すぎたら繰り返して適当な長さにしてやる必要があります。

そんなことで、場合によっては、手作業で修正してやる必要が起こるのです。

修正の仕方

白抜きの「読みと抑揚」の欄には、コンピュータによる自動解析した結果の読みと抑揚が表示されているはずです。読みやアクセント付けや節区切りの間違いを、修正して下さい。つまり、 意図している通りに修正してください。

なお、カタカナと4種類の記号(/^_;)以外は使えません。また、";" (セミコロン)は4つなければなりません。

応用のヒント


■ 作曲条件

Orpheus の作曲の根幹です。8小節のブロックごとに以下の項目を作曲条件として与えることにより、確率最大の旋律を作成します。

■ 拍子設定

8小節のブロックごとに以下の項目から選べます。将来は3拍子や5拍子を含める予定です。

■ リズム形(旋律リズムパターン)

あらかじめ用意されている、16分音符を時間単位とした2小節区間の多数のリズムパターンから、旋律のリズムのパターンを選んで下さい。

実際の音サンプルを聴くには 旋律リズムパターン見本をクリックしてください。(作成協力してください。)

8小節のブロックごとに以下の項目から選んで設定できます。


■ 和声進行

あらかじめ用意されている8小節の和声進行パターンを選びます。現在のところ、4拍子の場合は2拍単位で和音を配置するような、いろいろなパターンが用意されていますし、自分で登録する(カスタマイズ)することもできます。

実際の音サンプルを聴くには 和声進行パターン見本をクリックしてください。(作成協力してください。)

8小節のブロックごとに以下の項目から選んで設定できます。現在、ユーザが作成したものも含めて大変数が多く、それらにつけられた名前は以下の通りです。

シンプル1(IIIV) | シンプル2 | 力強い | 堂々 | ユーモラス | 前向き | 明るい | エモーショナル | センチメンタル | 悲しい | やさしい | あきらめ | 妖艶 (半音階下降) | 情熱的 | 懐かしさ(半音階上昇) | 「パッヘルベルのカノン」風 | 「パッヘルベルのカノン」end | Snowman風1 | Snowman風2 | Snowman風3 | 「君を乗せて」風 | 「ドレミの歌」風 | 途中◆おだやか | 途中◆大きなスケール感 | 途中◆短調 | 無調風 | 「世界に一つだけの花」風 | 「LoveLoveLove」風 | 「LOVEマシーン」風 | 「エーデルワイス」風 | 「イェスタディ」風 | 試作1 | 試作2 | 試作3 | 試作4 | 試作5 | 試作6 | 試作7 | 試作8 | 試作10 | 試作11 | 試作12 | 試作13 | 試作14 | 試作15 | Sadjad 1 | Sadjad 2 | Sadjad 3 | Sadjad 4 | Sadjad 5 | Sadjad 6 | Sadjad 11 | EN1 | EN2 | EN3 | sample0606har | test | Test | Test2 | 途中短調 | test0621 | 風変わり1 | Gtest06211 | gtest06212 | gtest06213 | g06215 | g06216 | gtest06217 | gtest06218 | gtest062112 | gtest062113 | gtest062114 | gtest062116 | gtest062117 | gtest062119 | gtest06251 | gtest06252 | gtest06253 | gtest06254 | Rock3 | 中間部向け(属属) | test2 | name | 結婚行進曲 | 結婚行進曲2 | 五度進行連続 | samplepatternhar | samplepattern2har | テスト | 五度進行連続rev1 | conv-シンプル1(IIIV) | conv-シンプル2 | conv-力強い | conv-堂々 | conv-ユーモラス | conv-前向き | conv-明るい | conv-エモーショナル | conv-センチメンタル | conv-悲しい | conv-やさしい | conv-あきらめ | conv-妖艶 (半音階下降) | conv-情熱的 | conv-懐かしさ(半音階上昇) | conv-「パッヘルベルのカノン」風 | conv-「パッヘルベルのカノン」end | conv-Snowman風1 | conv-Snowman風2 | conv-Snowman風3 | conv-「君を乗せて」風 | conv-「ドレミの歌」風 | conv-途中おだやか | conv-途中大きなスケール感 | conv-途中短調 | conv-無調風 | conv-「世界に一つだけの花」風 | conv-「LoveLoveLove」風 | conv-「LOVEマシーン」風 | conv-「エーデルワイス」風 | conv-「イェスタディ」風 | conv-試作1 | conv-試作2 | conv-試作3 | conv-試作4 | conv-試作5 | conv-試作6 | conv-試作7 | conv-試作8 | conv-試作10 | conv-試作11 | conv-試作12 | conv-試作13 | conv-試作14 | conv-試作15 | conv-Sadjad 1 | conv-Sadjad 2 | conv-Sadjad 3 | conv-Sadjad 4 | conv-Sadjad 5 | conv-Sadjad 6 | conv-Sadjad 11 | conv-EN1 | conv-EN2 | conv-EN3 | conv-sample0606har | conv-test | conv-Test | conv-Test2 | conv-test0621 | conv-風変わり1 | conv-Gtest06211 | conv-gtest06212 | conv-gtest06213 | conv-g06215 | conv-g06216 | conv-gtest06217 | conv-gtest06218 | conv-gtest062112 | conv-gtest062113 | conv-gtest062114 | conv-gtest062116 | conv-gtest062117 | conv-gtest062119 | conv-gtest06251 | conv-gtest06252 | conv-gtest06253 | conv-gtest06254 | conv-Rock3 | conv-中間部向け(属属) | conv-test2 | conv- name | conv-結婚行進曲 | conv-結婚行進曲2 | conv-五度進行連続 | conv-samplepatternhar | conv-samplepattern2har | conv-テスト | conv-五度進行連続rev1 | sig | sai | ロック風CBAG | hahaha | ぽぽぽみもみさおx | nue | ods | odo | 3349800 | F-Bb-C-F | F-Bb-C-F2 | odoo | odoe | すまんな | aa | ええんやで | pakapaka | せやな | pakapaka2 | pakapaka3 | pakapaka4 | pakapaka5 | 不安定 | IIIm | euphoric emperor | ああ | afo | Bメロ的な | harmonyny | てすと | てs | pakkaman | j | ああああ | ああああ2 | iii | iiii | 334334 | おり | ゆるゆり | nnn | h1 | h2 | h3 | h4 | sesei | うい | sonshi | test00000 | 9800 | who | ちーん | きもだめし | 悲劇 | lib | tests | tes | ooo | Etest | Etest2 | Btest | 童歌 | 1234 | 12345 | 123456 | hara | hara2 | うなああああ | あああん | はげ山 | fly me to the moon | 猛虎目覚めよ | amazing grace | よくある感じ | その後 | folk | 副属七進行 | つなぎ | 湿原地帯のやつ | dim | ahra | 歌謡曲 | id | kanon-komuro | 歌謡曲2 | cyo | wada | naruto | ni? | 「アンパンマンのマーチ」Bメロ風 | 運命の出会い | dndn | occhi | tekito | hushigi | nu | AK | unko | unko2 | unko3 | stay | brand new sunset | side by side | make | giita | kimini | survive | パッカパカ音頭 | kyo | world | kasu | un | paku | test1 | tiny | run | シンプル-a | シンプル-b | シンプル-b2 | シンプル-c | シンプル-d | シンプル-d2 | シンプル-e | a | 何でや | 三月七日-1 | 三月七日-2 | 三月七日-3 | 三月七日-サビ1 | 三月七日-サビ2 | 三月七日-2改 | 三月七日-サビ改 | Listen!! | stay gold風 | ウズラ | KomK | KomKK | KomKKM | test(tuffy) | キャノン | 心を開いて風 | マイペースでいきましょう風 | 春風風 | funny bunny風 | smap_A | smap_B | smap_C | smap_0 | 114514 | 階段調 | koko | 「God knows」風 | mi | cdgafcdg | アニソン風 | アニソン間奏風 | 「残酷な天使のテーゼ」Bメロ風 | 「ちいさい秋みつけた」風 | モータウン | モータウンend | 「My Way」風 | 「川の流れのように」風 | アニソンBメロ風 | sukiyaki | subaru_A | subaru_B | subaru_C | hotaru | 健全 | モータウン2 | AEAE | GGGF#dimEmDCCCCEmEmDcEmEm | EmCmBEm | ojka | 行き来 | 始まり | 6m6m6m6m | 途中 | 戦うサビ | 戦うサビ後半 | サウダー | 桜序 | 桜イントロ | 桜イントロ2 | 桜途中 | 桜途中サビ前 | 桜サビ | 桜サビ残り | C Bb F Ab | 「キラキラ星」風 | イブ | 「燃えドラ」風 | 6m451 | mopera | 1 | donguri | n | 適当なそんな感じ | little | teru | kun | terui | なめ | 夕闇 | na | 「空と君のあいだに」風 | アニソンBメロ風02 | アニソンBメロ風03 | tery | 汎用01 | 汎用02 | 汎用03 | 汎用04 | ジョイナス | ジョイナスファンと共に | AKIRA1 | Puzzle1 | サンタが町にやってくる中間部 | サンタが町にやってくる | 「時の旅人」中間部 | 8888 | 名づけられた葉 | mihotaso | AYASHII | kumo | 8j | 8jjk | こわい | bb | BB | CC | 間奏向け | ほらー | wtf | toro | reripi | reripi-sabi | komuro | 歌謡曲風01 | 90AN | mopera2 | GGGG | yugyakuniki | バラード1番(部分) | waltz12 | bull | e | AA | 88888 | 99999 | 11111 | 10101 | 0000 | 循環1 | 循環2 | おk | テーマ1 | テーマ2 | テーマ3 | テーマ4 | テーマ5 | 循環3 | 循環5 | 「ラヴパレード」風 | 「Believe」中間部 | 「HelloAgain 昔からある場所」Bメロ | 「めざせポケモンマスター」風 | 「お料理行進曲」01 | 「お料理行進曲」02 | 「お料理行進曲」03 | je | jesus | 黄金 | bell | 試作0621 | 試作621 | 試作621a | bullbull | bullbullbull | bullbullbullbull | 「With you smile」風 | 「旅立ちの日に」風 | 「贈る言葉」風 | 「贈る言葉」風 修正 | down half | -3 | 3 | 試作a | page | 「With you smile」風ver2 | abeabe | 「想い出がいっぱい」風 | 試作b | an authentic composer | t | tt | ttt | tttt | ttttt | tttttt | ttttttt | tttttttt | ttttttttt | tttttttttt | ttttttttttt | tttttttttttt | t2 | 試作c-a | 「負けないで」風 | nanzei | 「残酷な天使のテーゼ」Aメロ風 | 「残酷な天使のテーゼ」サビ | 遊助「ひまわり」風 | 千本桜Bメロ風 | 新ユーモラス | 捕鯨 | 捕GEEEEE | 試作d-a | 試作d-b | かっこいい | roudousyaM | roudousyaM A | 釈迦風 | 釈迦A | 釈迦b | 床屋さん | hd | hd2 | hd3 | hdclo | 微笑みの爆弾イントロ風 | 微笑みの爆弾Aメロ風 | 微笑みの爆弾Bメロ風 | 「secret base」風 | diminish | diminishben | soku_a | soku_b | pork_1 | pork_2 | pork_3 | fu | shinpi | shinpi2 | よろこび | 試作a-b | ZERO風 | ふしぎ | KOMURO | 鯉 | 人として軸がぶれている風 | 若鷹軍団風 | いんとろ | らんらん | な | nomu | noganai | gotanda | ginrin | gin | desuyo | kr | krkr | ポジティブ(最後転調) | 茶 | krs | kana | 香奈さび | 香奈B | 香奈A | pd | pd2 | ジョイナス2 | ジョイナスメジャー | Lithium | ポジティブ(半音上下) | ボヨヨンロック風 | ボヨヨンロック風2 | 星 | 遠くへ行きたい | 遠くへ行きたい中間部 | 空に唄えば中間部 | 夕焼け小焼け風 | おれえび | おれえびI | dt1 | dt2 | dt3 | dt4 | dt5 | dt6 | dt7 | マタンゴ | oooo | nnnn | a Virus | soro | YUI「Rolling star」サビ風 | 大塚愛「さくらんぼ」Bメロ風 | testing | 試作e(間奏Aメロ向き) | 「キセキ」風 | 試用f(半音下降) | 風といっしょにサビ | むぶ | むぼ | あcd | きん | oumu | Misterious Love | e-mero | Chance | pan | pann | hr | 風といっしょにサビ2 | yuunou saga | teppoutai shageki | waw | 人ごみ | ぬりつぶ | patternA | enter namea | enter nameb | enter namec | カノン的な | aaa | aaaa | aaaaa | 999 | 998 | 997 | 996 | supe | ll | 歌謡曲風02 | 試作g-a | pure funk | 5do | chanceB | イワンのばか風 | IWN | メリーゴーランド | 試作So | brt | install1 | 元気 | よしだ | 「only my railgun」Bメロ | yoursong | 明日へ | promise | 「木枯しに抱かれて」風 | aaaap | aaaapppp | aapapap | 力強い2 | 変則的カノン | Aメロ的 | standing1 | standing2 | Aメロ風 | Bメロ風 | crimson | Aeoe | nmn | minato | mzi | お散歩 | 45362345 | 453625173 | 453625367b1 | 453625451 | 4566b215b456b7b1 | 4536453645364536 | 45364536 | 453m76453m76 | 4M753m764M753m76 | 23417b43b6 | 23417b43b6part2 | 33662561 | 22334455 | へ | enter nameeeeee | enter namert | enter nameに | enter name全て | やっつけて | enter nameフ | enter nameg | enter nameて | 5232001 | よくあるコード編成1 | TKTコード戦闘調 | 王道進行 | 迷惑 | 決める必要あんの | 「そこに空があるから」風 | シンプル3 | tugihe56565656 | dsy | mzidsy | メンバー | 衰退 | 中国 | enter | 面積 | enter nameぬ | TKT-戦闘風コード | 面倒 | 惨劇 | やさしくん | 第三次 | ん | 「青空の果て」風 | スキップ | 移りかわり | enter namefgthfht | enter namewrtwrtwrtwrtwrt | 便利 | enter nameこれまで | 五反田の曲 | 光 | 松戸の歌 | rtvb | klsdfn | くぁwせdrfちゅじこlp | 南無 | 未来戦士ハンバーグ | 未来戦士ハンバーグ2 | enter nameむ | よろしくには | よろしくにはみなさん | シンプルマイナー | ent | 悲劇の叫び | 試作壱号機 | はぁ | ente | enter nameふぁf | blues | gs | gs1 | cam | ca | eqqsq | b1 | b0 | b2 | b3 | わお | dndn1 | dndn2 | dndn11 | dndn3 | 最後の遠足風 | kinoko | kino | bgm | tyua | mystic ark 001-01 | リア充 | dameningen | 踊るだめにんげん | rts | えーめろ | iago | iagoras | enter namehg | tesfol | tesfol2 | 20130413001 | tesfol3 | tesfol4 | 1941endP | どりゅりゅり | どりゅりゅり2 | tutest | テスト334 | chokue1 | 凄惨 | えももももももも | さかな | fish | ちゃんと | ちゃんと2 | enter nafgjfjfjff | chokue2 | chokue3 | 勇ましい(半音階下降) | Smile Again Aメロ | Smile Again Aメロ2 | Smile Again Bメロ | Smile Again サビ | Smile Again サビ2 | chokue5 | chokue6 | nan jr 東日本 | アニソン風02 | Fセブンスワンコード | namancha | namancha2 | namancha3 | ちょくえ41 | ccc555 | ちょくえp1 | ちょくえp2 | pg | センチメンタル2 | アニソン風03 | 「コネクト」風 | Kassu | ccchokuex | tsue tesut | funenonaka | katari | さいれん | pokegai | pokegainahasi | じゃかっし | じゃかっし22 | じゃかっし224 | じゃかっし2243 | じゃかっし22432 | 明日への扉 | Harmony 1 | bchokuexxx | っっcごくえ | wangdao | ちょちょくえ | カノンツーファイブ | カノンツーファイブend | q0015 | 1454 | robo | ro | とぅるろま | join us | join us with fan | 希望 | 9夏 | 9夏改 | 9夏2 | 9夏22 | pok5 | 転落 | かっしーくん | かっしーくん2 | 途中儚い | たな | ちんぽじー | 面妖 | Holy Breath | なおえっくす | 修正222 | ZERO | てsってr | Cal | hi | ki | natu | tcphp | 「私をたどる物語」Aメロ風 | 「バッハ」風 | Am7 Dm7 G7 C | 「もってけ!セーラーふく」風 | test334 | バロック風 | バロック風2 | バロック風3 | バロック風4 | バロック風5 | Jdekka A | Jdekka B | Jdekka S | Jdekka SS | March Russia | ロシアの進軍 | 1544m6m144m | 1544m6m145 | 4513456b7b5 | 143641441436412 | 143641441436412(7) | 443644556sus6 | 443644556sus6 6 | 2m7on5 | C6 | 弱気a前半 | 弱気a後半 | 弱気b | 弱気aサビ前 | 弱気サビ前 | 弱気サビ | 弱気ラスト | ラルクっぽい | ラルクっぽい2 | 前向き2 | 「ハッピーマテリアル」Aメロ | えrぐぇyりぇt | えrぐぇyりぇtさs | えrぐぇyりぇtさsうぇ | えrぐぇyりぇtさsうぇうぇ | えrぐぇyりぇtさsうぇうぇあ | Mul-A-1 | 「SHAMROCK」風 | 「少年時代」風 | JAMPイントロ | JAMPaメロ | JAMPbメロ | JAMPサビ | JAMPサビ閉め | 負け戦 | KOMUらめ | komuらめ | ぽろんちょ | ぽろんちょ2 | Laugh maker 1 | Sakura A | Cherry 1 | Cherry 2 | チェリー1 | チェリー2 | チェリー3 | スピッツチェリー | スピッツチェリー2 | スピッツチェリー3 | komuro16 | senbon Amelo | senbon Bmelo | senbon sabimelo | senbon theme | 334人の敵風 | 334人の敵風2 | 334人の敵風3 | おお「 | nt-1 | インターナショナル1 | インターナショナル2 | インターナショナル3 | 幻想的 | 幻想的かも | 物憂げな | cbbbaabggbf | ダージa | ダージb | 45362513 | 45362511 | 4536251sus1 | RS1 | RS2 | God knowsintro | God knowsAmelo | God knowsBmelo | God knowssabi風 | コンドールマンA1 | 訂正 | CDM2 | CDM3 | Em Em D Em | コンバトラーV風1 | コンバトラーV風2 | コンバトラーV風3 | コンバトラーV風4 | てすと1 | カンタンな | カンタンな1 | 試作です | 試作です1 | 東方っぽいの1 | 東方っぽいの2 | 東方っぽいの3 | 東方っぽいの4 | 東方っぽいの5 | 水戸黄門前半 | 水戸黄門中半 | 水戸黄門後半 | enter namef | 453623664536234 | 453623664536234(E7) | enter nameあ | enter nameあa | enter nameああああ | V3001 | V3002 | V3002改 | V3003 | bell | シンプル4(半音階下降) | 夜明け | 4M7-5-3m7-6m7 | 22222223(7) | 4M7-5-1-27 | 2m7-57-1M7-2m7-57-1-67 | 2m7-57-1M7-2m7-57-1-37 | 2m7-3m7-6m-2m7-3m7-6sus-6 | 2m7-3m7-4-27-37(31) | 2m7-3m7-4-27-37(22) | シンプル | 金本応援歌風 | 新井応援歌風 | 日本の米 | こめ | こめこめ | 「ポニーテールとシュシュ」Aメロ風 | てすや | sisaku | sisaku2 | 力石のテーマ風 | sn0001 | sn0002 | sn0003 | sn0006 | nichiyoubi | 4M7-54-(3m7-4add)(6m9) | 456m456m(特殊) | バロックAm1 | バロックAm2 | バロックAm3 | バロックAm4 | 456m(特殊2) | E G#m C#m E | A B E C#m F#7 B7 E | A B E C#m | F#m7 B7 E C#m | A B E C#m | E G#m C#m AB | A B E C#m A F# B B | ヘビロテCメロ | ヘビロテCメロ2 | tokiwa | tokiwa2 | 夏祭り | ?7(5) | ?7(2) | ?sus47-?7(2) | ?M7(4) | ?(4) | ?add9(4) | ?(5) | ?m7-?m7-?m7-?7(625) | ?m7-?m7-?m-?(625) | 6m-6m-2m-?(625) | 6m7-6m7-2m-5(625) | E7 Am Dm G7 Am Dm7 E7 Am | 4M9-3m7-3m7on6-6m9 | 4M7-3m7-6sus4-6m | ろびaんそ | ろびbんそ | ろびsabiんそ | ろびsabiんそ後半 | せけん | 東方っぽいの4改 | SovietMarch風 | の間奏風 | ためし | ささあさ | 無人発電所 | chk | chk2 | 4536451145367b7b33 | 4536451145367b7b33(直し) | テトリス | テトリス2 | 熱き星たちよ1-1 | 熱き星たちよ1-2 | 熱き星たちよ2-1 | 熱き星たちよ2-2 | 熱き星たちよ3 | KOMURO(FDm7) | 試作h | canonchord ohdoshinkoh | 456sus6456sus6 | rsきげrj | kohurasemi | enter naここme | sisaku3 | HARA1 | HARA2 | Gマイナー1 | Gmから半音移調(つなぎ) | G#m1 | G#m2 | トモネバノウズBメロ | トモネバノウズサビ | 14536m2m5414536m2m41 | 7b47b456m42 | クリシェかな | 4M7-54-3m7-6(7) | 4M7-54-3m7-6(7)-2m7-5(7)-1sus-1 | SYO1 | 6m7-6m6(8回) | 6m7-6m6(4回) | E7 Am Dm7 G7 | Am Dm7 E7 Am | フーガ | 「NOThank You!」風 | センチメンタル3 | 4M7-5-3m7-6m-2m7-3m7-6m-5m7-1(7) | 4M7-5-3m-6m-2m-3m-6m-5m7-1(7) | 6m-3m-4-1 | 6m-3m-4-5-1-57 | 6m-3mon5-4add-5-1-5on7 | 1-3(7)-6m-1-4-1-7b-5 | 1-3(7)-6m-1-4-1-25-1 | 1-3(7)-6m-1-4-1-2m7-2m7on5-1 | 1-3(7)-6m-1-4-4m-1-1(7) | 1-3(7)-6m-1-4-4m-1 | 4M7-5-3m7-6m-2m7-3m7-4-5 | 4M7-5-3m7-6m-2m7-3m7-6sus-6 | 夏祭りサビぜん | 2m-5-1-6m-2m-5-6m | 4-3-6-2-2m-4on5-5-1sus-1-5on1-1 | 4-3(7)-6m7-2-2m-4on5-5-1sus-1-5on1-1 | 4-3(7)-6m7-2-2m-4on5-5-1sus-1-5on1-1(p2) | 3m-6m-3m-3-6m | 3m-6m-3m-3-6m(p2) | 1-5on7-6-5-4-1on3-2m-5 | 夏祭りサビ | 1-1M7-7b-6-2m-2mM7-2m7-5 | 1-1M7-5m7-6(7)-2m-2mM7-2m7-5 | 1-1M7-6bM7-6(7)-2m-2mM7-2m7-5 | 夏アレ1 | 夏アレ2(6m9 | 大声a後p1 | 大声a後p2 | 大声a後p3 | 大声a後p4 | 7b-1-7b-1 | 7bM7-1-7bM7-1 | 7b6-1-7b6-1 | 6b-7b-6b-7b | 6b-7bM7-6b-7bM7 | 6badd-7b6-6badd-7b6 | 1-1aug-4-4m | 3m-6m-2m-6b | 3m-6m-2m-4m7 | ワンモアタイムサビ | Amero | 印度化計画 | FDmCAm | 「カンタレラ」Aメロ風 | 「カンタレラ」サビ風 | 燃えよドラゴンズ風A | 燃えよドラゴンズ風B | フーガ1 | フーガ2 | ikt | mos | quer | Tong pooもどき(残念) | 中国女風B | wakaranaiyoo | ierukana | ieru | ierukanaa | フーガ3 | フーガ2-B | フーガ1-B | フーガ1-C | フーガ1-D | フーガ1-E | フーガ1-F | フーガ2-C | フーガ1-G | フーガ2-D | シンプル1(マイナー最後メジャー) | フーガ2-E | 世界中の子どもたちが中間部 | 蕾サビ | カノンマイナー風 | マイナーワンコード | 戦闘1 | 戦闘2 | 4M7-4M7-2bM7-5(7) | 4M7-i4M7(ii6bM7)-2bM7-5(7) | シンプル1(マイナー) | フーガB-1 | フーガB-2-A | フーガB-2-B | 6m5162m3b41 | ジョパイサビ | ジョパイ変2m6m73 | ジョパイ変2m36sus6 | イントロマンス | サビロマンス | メロマンス | メロマンス2 | イントロマンス2 | サビしめロマンス | k | 最低音テスト | 6m541 | サビロマンス3 | 1245 | 1456m | 156m41541 | 156m41541修 | 6m5411541 | 156m41541短 | 6m5411541短 | 6m1add411541短 | 6m541短 | sky1 | sky2 | k | 2m3m452m3m45 | 「Winteragain」風 | 打たれ強い | 開放感 | 7dim36m27d36m6 | 7dim36m6 | 6m26m2 | 6m257 | 6m26m26m257 | 6m26m26m257修 | 6m26m26m26m2 | 57575757 | 6m7b6m7b | 6m7b6m7b修 | 6m6b6m7b | 6m1226m122 | 251425125145b6b | 251425125145b7b | 251425125145b5 | 25142512b25147b3 | 25142512b25142b1 | 25142512b25145b1 | 1141x4 | 112m1x4 | 12mx4 | krsb | ががああ | 04455 | d | はきらめ | 6m3124433 | 1245127b3 | 6m6m2m56m6m2m1# | 6m6m2m51m1m4m7b | SKYサビ | SKYAメロ | SKYイントロ | SKYBメロ | trial | try1 | try2 | try3 | ho | hr | hrr | ぼんやり | kanaC | 物静かな | 「LOVE AFFAIR秘密のデート」Bメロ風 | 「LOVE AFFAIR秘密のデート」サビ風 | fmee | っせ | hog | 43m2m1736m5 | 43m2m177b6m5 | 43m2m177b6m5(7) | 43m2m17d36m5 | 43m2m177b6m5(短) | 43m2m177b6m5(7短) | aug | aheahe | 栄冠ナイン「夏」Aa | 栄冠ナイン「夏」Ab | 146m5146m5 | 6bon7b | 6b7b(4かい) | 16m3m2m457b5 | 16m3m2m51sus1 | 412m16b75 | 412m16b75(修) | 412m16b75(修2) | 412m16b5 | 15436m245 | 15436m245(2) | 6m3m41 | 6m3124(12m5)(56m) | 6m3124(12m5)(56sus6m) | 2m6m452m6m55 | 5sus5 | 1543m2415 | 6m16m16m16m5 | 1543m24(1)(5sus)5 | 6m6bau12451sus1 | 6m6bau6m2451sus1 | 1543m245sus5 | 6m6b6m2451sus1 | 6m6bang12451sus1 | 雨の中A | 1543m225sus5 | 6m6bang12(7)451sus1 | 4156m | 虎ノ門 | 451451451451 | テストフーガ | テストフーガ第二 | Linda Linda 1 | Linda Linda 2 | CCFFGGCCx2 | FGEmAmFGEmAmCCx2 | not foundっぽいが保障はしない | not foundっぽい | Heavy Fog風 | Love phantom風 | 苦難 | クズ | vivaM | vivaC | vivaI | 2001v | 2001v2 | 2001c | 少年 | 少年short | あきらめ(16小節) | 16m45 | 1415 | 2m516m2m541 | 451(x4) | sausage1 | 「COSMOS」Aメロ風 | 「涙そうそう」Aメロ風 | 「風といっしょに」風 | cantstandmenowv1 | cantstandmenowv2 | cantstandmenowc | cantstandmenowi2 | cantstandmenowi1 | cantstandv1 | cantstandv2 | cantstandc | ぷぷぷぷぷぷぷ | 「かくれんぼ」Bメロ風 | カノン変形(believe風) | krs1 | dgfergfvghreheh11 | のどかな | 「モルダウ」風 | 「モルダウ」風(8小節) | 「モルダウ風」(続き) | 「モルダウ風」(続き)はミスです | bchokkuee | cccccccccs | ojgpojwpgvb11 | 威風堂々中間部 | シンプル(軍艦マーチ風) | ガッツだー1 | ガッツだー2(end) | 威風堂々(end) | DH | ランランララ | カーマイン | ZMIN | ZMINN | 453m6m225sus5 | 453m62m145 | 怯えてサビ | 6m6b15b43m2m1 | 6m6b15b412m51 | えwtw | ふぇwpjfpwjpw | 6m6b15b432m51 | 6m6b15b432m51本 | aikara | mb | mbt | mb2 | mbt2 | yosuiro1 | yosuiro2 | 453m6m456sus6 | 453m6m(7)456sus6 | 6m3m412m6m7m3 | 6m3m412m6m736 | 6m3m412m6m736m | 6m3m412m6m7m3su3 | ロックうbメロ | ロックうサビ | ロックうサビ後 | ろっくサビ | ろっくサビ後 | チェルノブ | あきらめ(長調) | あきらめ(長調2) | 1414145sus5 | 13m6m5m4325 | 13m6m5m43m2m5本 | 436m22m3m45 | m12m5m3m51341334 | m13mm14m1 | enter naZ | RAEE | 終わりV1 | 終わりV2 | 終わりC | 終わりI | 象1 | 象2 | えfwqfwgwgwgvwg | 15m44mx4 | 17b4x2 | 5m1x2 | 17b11x2 | 454m7b | rqrffっふぇげ | なんとなく | 32940148184091 | 「だれかが口笛ふいた」風 | 「ザピース」風 | 羽化 | losingI | losingV | losingV2 | losingC | nightI | night | wonderI | wonderB | wonderC | やさC1 | やさ3 | やさI | やさ2 | (1) | (2) | every | (3) | ぱかまつり | 一週間風 | 後の祭りa前 | 後の祭りa後 | 後の祭りb | サウダアジm | 1x8m | あにそんm | カノン(8)m | カノのンm | カノのおンm | ふえイントロ | stay away | 音楽の歴史を感じる | 6m545x2 | 4516m451 | 456m456m1 | 4516m456m | あの空前 | あの空後 | (10) | W1 | W2 | R1 | R2 | R3 | ホルスト「木星」風 | 2013809 | 20130809 | C Am7 FM7 G | XXX風 | 俺の塩 | 俺の塩2 | 不安 | 不安2 | 俺音階 | 俺音階2 | 俺音階3 | 俺の影 | 俺の影2 | 俺の影3 | 俺の影4 | 俺 | デュエリスト | デュエリスト2 | デュエリスト3 | W浅野 | Vおん | 俺旋律 | 陰陽師 | 光の島 | 大雪 | 儚い世界 | 儚い世界2 | E B E B | E B C#7 D F#m F# E C | G#m C#m G#m C#m G#m A F#onG F#onGm | A B G#m C#m | 傷a | 傷b | 傷c | 俺旋律16Z | A E A E A F#7 B7 E | 叙情詩サビ | ハラホレヒレハレ | びつくりぎゃうてん | きょん1 | 愛のカタチ | 愛のカタチ2 | saga | サランラップ | サランラップ2 | 暮ラップ | 暮ラップ2 | ずっとE7 | A7 A7 E7 E7 B7 A7 E7 B7 | C#m F#m A C | ase21 | ase22 | terterts | terterts2 | enter nameんhr | ざ | ちぇ4こ | ちぇ4こ3 | ちぇ4こ32 | おりょーり | hutuuuuuu | 俺メロZ | だああああああああああ | 俺の息吹 | 俺の息吹2 | EmBm7Cm7D | CM7 D CM7 D CM7 Bm7 Am7 D | 明日の旋律 | アレ | 俺の悲しみ | えげgfffr | えげdfvdvfbdbdbne | gwr3g3 | くそ1 | くそ2 | 俺の家 | 俺の家2 | カノンと小室no | 12m3m4x2 | 3m42m13m425 | 142536m25 | 142536m44m1 | 142536m44m | 3m42m53m425 | 142536m25直 | ミルモでポンED「さらら」風 | emoheeeee | emoheeeee4 | emoheeeee5 | emoheeeee54 | AB | AC | FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO | Am7 | CM | Dm7 | Dm | 終わり | satsuki | 俺ソディ1 | 俺ソディ2 | 俺ソディ3 | sanaide1 | sanaide1s | sanaide2 | gekko1 | pakven0 | pakven1 | pareo | ginno1 | 「銀の龍」イントロ風 | 「銀の龍の背に乗って」Aメロ風 | 「銀の龍の背に乗って」Cメロ風 | 「銀の龍の背に乗って」Aメロ風(fix) | 「銀の龍の背に乗って」サビ風 | 「銀の龍の背に乗って」サビ風(くりかえし) | drink it down Aメロ風 | drink it down サビ風 | C Caug C6 C7 F Fm C G7 C Caug C6 C7 F Fm C | ブルース風16小節 | ブルースっぽいもの16小節 | bakatare_chokue1 | bakatare_chokue2 | ちょっと変わった | hachioko | hcok | んんんん | えおこ | サスペンス | うるち米花粉 | まつど | まつど2 | まつど3 | 俺音階Final | ああそう | まあそうね | そうかもね | はいはいそうね | sヴぇ | 俺の炎 | あdfghjkhjk | あああ | ロザリータAメロ風 | FonG Am FonG Am Dm7 G Dm7 Am | ロザリータサビ風 | 侍 | ロックンロール | ロックンロール2 | グッドモーニング(くるり)Aメロ風 | グッドモーニング(くるり)サビ風 | lmilm | POIS | OI2 | 暗い | B前 | 前2 | 後 | PO2 | SA | New Animal Aメロ風 | New Animal サビ風 | originally | コンギョ1 | コンギョ2 | ゆゆ式1 | ゆゆ式2 | Am7 Am7 FM7 G Am7 G Am7 | LOVEはじめました風 | エンターマン | 午後のパレード | daiei | 有能進行EoYC | 有能進行EoYV | 有能進行SwEV1 | 有能進行SwEV2 | 有能進行SwEC | 有能進行BinL | eA | 夏祭りサビ風 | 途中半音進行 | 信号機 | 信号機改 | おすすめしないコード | Aqqlt | ずっとCマイナー | 粉雪っぽい | 手首を骨ごとジョッキリ風 | 手首 | 手首あ | あのあれ | spacesonic | spacesonic1 | spacesonic2 | BANANANANA | さんぷる | 1M3m4M1M5M | 養命酒 | 君なの | pai1 | pai2 | すてきなホリデイ | 2m53m6m2m56m | サンダル | サンダルサビ | サンダルサビ2 | サンダルサビ3 | skk1 | 課長島耕作 | サンダルサビ4 | サンダルサビ5 | 部長島耕作 | ぎたーん | ヤング島耕作 | 社長島耕作 | 手加減b | 手加減サビ | さんぷる2 | なぜバグる | もうバグるなよ | しゃあないね | 許す | 定番進行 | TK | パレオSKE | パレオイントロ | 小室1 | 小室2 | りっきー | オーエン風(多分) | 神戸応援歌 | Jean | バイタルサイン1 | バイタルサイン1b | 「ヒリヒリの花」Aメロ風 | 「ヒリヒリの花」Bメロ風 | Gm | open | Aki1 | Aki2 | Aki3 | Aki4 | Aki5 | Aki6 | Aki7 | あな | まじおこ | Virtual insanity風 | KLi | KLv | KLo | Virtual insanity風2 | BLITZi | BLITZ1 | BLITZ2 | BLITZmain | BLITZsub | ハワイっぽいの | CCCCG7G7G7C | なんでだろう | なんでだろう2 | Am Dm E7 Am | アーイキソ | C Am7 Dm7 G7 | GDEm7Dm7Cm7GGAm7 | Bメロ向きまったり | Signのような | creep | joinus7 | tk風 | morimichi | htrhr | Light My Fire (The Doors) イントロ | Im Not in Loveイントロ | Im Not in LoveAメロ | Im Not in LoveAメロ2 | Im Not in LoveAメロ2-2 | Im Not in LoveBメロ | Im Not in LoveAメロ修 | Im Not in Love間奏 | Im Not in Love間奏修 | Thunderstruck1 | Thunderstruck2 | 故郷の空 | ルネッサンスっぽい | Twilightイントロ | Twilight Aメロ | Twilight Bメロ | Twilight Aメロ-2 | Twilight サビ | Twilight 補 | Twilight Cメロ | Twilight 補2 | Twilight 補3 | Twilight サビ2 | Twilight 補4 | Twilight アウトロ | gsqi1 | gsqvv | Iveっぽい | Iveっぽい2 | わちゃちゃイントロ | わちゃちゃa | わちゃちゃa(2) | わちゃちゃb | わちゃちゃサビ | わちゃわちゃ間 | わちゃわちゃ間2 | AM7 DonA EonA DonA | Bm7 Dm FM7 G | ある朝の写真風 | 41526251 | gng in | gng A | gng A2 | gng B | gng B-2 | gng Ch | gng So | 2328 |


■ 調の設定

調を12種類の中から選択できます。長調か短調かは、選んだ和声進行によって決まります。音域(上限と下限)の指定を変えなければ、調によってメロディがさまざまに変わります。

俗に「キーが高いので移調して歌う」などと言いますが、それはすでにできた旋律を歌う時に、全部の音符の高さを一斉に変える意味です。一方、ここで言う調は、高さを調整するためではなく、自動作曲の条件として主音(tonic)をどこに設定するか、という意味です。歌い易いように音域を設定するのは、音域の上限・下で調整してください。

クイズです。一度作曲した曲をそのまま半音上げたかったら、どうすれば良いでしょう? 答えは、調、音域上限、音域下限の3種の設定を全部半音上げるのです。Orpheus の自動作曲は、ランダムに行っているのではないので、条件が同じなら全く同じ曲が作られます。ということは、条件がすべて半音高ければ、結果も半音高くなるはずです。

調は、8小節のブロックごとに以下の項目から選んで設定できます。

● 使い方のヒント

調は音楽では重要な要素です。特に、何番までもあるような長い曲を作るときに、何番かはちょっと別の調にすると、曲が引き締まって聴こえます。旋律も変わります。音域はそのままにしておけば、歌い易さは変わらないはずです。

■ 音域

生成される歌唱旋律のピッチの上限と下限を設定し、これ以内で旋律を自動生成します。これより外の音は使われません。しかし、旋律に上限と下限が必ず含まれるわけではありません。

上限は8小節のブロックごとに以下の項目から選べます。

また、音域下限も8小節のブロックごとに以下の項目から選べます。

● 使い方のヒント

音域は、自動作曲のメロディー生成で重要な鍵です。たとえば、1番、2番のある曲を考えましょう。他の設定を全部同じにした上で、1番は音域を低め(例えば下はシから上はラ)にし、2番は音域を高め(例えば下はレから上はミ)に設定すると、よく似ているけど違う旋律ができ、1番から2番に曲が進むにつれて高揚する感じが作れます。さらにドラムを足すといいでしょう。これを1番から5番まである曲で、間奏も入れて作曲すると、ちょっとした構成感が得られます。

■ 旋律の型

8小節のブロックごとに旋律タイプが選べます。

● 使い方のヒント

曲に構成感を持たせる上で有用です。音域を広くして跳躍進行型を用いると、元気がいい感じになります。また、音域を狭めにして順次進行型を用いると、おとなしい感じが出せます。

■ 間奏短縮 (前奏・間奏・後奏の小節選択)

作曲条件はブロック(条件設定ボックス)ごとに設定でき、通常の長さは8小節ですが、「間奏短縮」により、第1~8小節の中の一部だけ選択して用いて短くすることができます。但し、この機能は歌詞がある場合は適用されません。つまり、最初の歌詞が「♪」である部分が器楽部分となり、この機能を使って前奏・間奏・後奏を短くすることができるのです。

間奏短縮にはいくつかの可能性が用意されていて、以下の項目から選べます。

● なぜ必要?

通常は8小節全部を用いるのですが、たとえば歌詞のブロックの最初の2小節を簡単な前奏に用いたければ、もう一つブロックを増やして、歌詞の部分と同じ和声進行設定で小節選択を(1 2)にすればいいでしょう。後奏も同じで、歌詞のブロックの最後の2小節を繰り返したいならば、そのブロックと同じ和声進行設定のブロックを増やして、(7 8)小節のみを選択するといいでしょう。

要領が分かってきたら、同じ方法で間奏も作れます。そして、そこだけ楽器を変えたり、ドラムスを変えたり、さらに別の和声進行を使うこともできます。


■ 速度指定

8小節のブロックごとに以下の項目から選べます。MMはメトロノーム記号で、1分間に何拍の速度かを指定します。

■ 歌声指定

自動作曲された旋律を合成音声あるいは楽器で歌わせるために、「詳細設定」のページで、声あるいは楽器の種類が選べます。 現在、8小節のブロックごとに以下の項目:

赤ちゃん声 | 赤ちゃん声25 | 子供アニメ声 | 子供アニメ声31 | 女声アニメ声 | 女声アニメ声34 | 女声普通声 | 女声普通声37 | 女声普通声39 | 女声オペラ歌手 | 男声裏声 | 大柄男声裏声 | 小柄男声 | 小柄男声36 | 明るい男声 | 明るい男声40 | 男声普通声 | 男声普通声45 | 男声歌手 | 男声歌手52 | アコースティックピアノ | ブライトピアノ | エレクトリックグランドピアノ | ホンキートンクピアノ | エレクトリックピアノ | エレクトリックピアノ2 | ハープシコード | クラビネット | チェレスタ | グロッケンシュピール | オルゴール | ヴィブラフォン | マリンバ | チューブラーベル | ダルシマー | ドローバーオルガン | パーカッシブオルガン | ロックオルガン | チャーチオルガン | リードオルガン | アコーディオン | ハーモニカ | タンゴアコーディオン | アコースティックギター(ナイロン弦) | アコースティックギター(スチール弦) | ジャズギター | クリーンギター | ミュートギター | オーバードライブギター | ディストーションギター | ギターハーモニクス | アコースティックベース | フィンガー・ベース | ピック・ベース | フレットレスベース | スラップベース 1 | スラップベース 2 | シンセベース 1 | シンセベース 2 | ヴァイオリン | ヴィオラ | チェロ | コントラバス | トレモロ | ピッチカート | ハープ | ティンパニ | ストリングアンサンブル 1 | ストリングアンサンブル 2 | シンセストリングス 1 | シンセストリングス 2 | 声「あー」 | 声「おー」 | シンセヴォイス | オーケストラヒット | トランペット | トロンボーン | チューバ | ミュートトランペット | フレンチ・ホルン | ブラスセクション | シンセブラス 1 | シンセブラス 2 | ソプラノサックス | アルトサックス | テナーサックス | バリトンサックス | オーボエ | イングリッシュホルン | ファゴット | クラリネット | ピッコロ | フルート | リコーダー | パンフルート | 瓶吹き | 尺八 | 口笛 | オカリナ | 矩形波 | ノコギリ波 | カリオペ | チフ | チャラング | 声 | フィフスズ | バス+リード | ファンタジア | ウォーム | ポリシンセ | クワイア | ボウ | メタリック | ハロー | スウィープ | アイスレイン | サウンドトラック | クリスタル | アトモスフィア | ブライトネス | ゴブリン | エコー | サイファイ | シタール | バンジョー | 三味線 | 琴 | カリンバ | バグパイプ | フィドル | シャハナーイ | ティンクルベル | アゴゴ | スチールドラム | ウッドブロック | 太鼓 | メロディックタム | シンセドラム | ギターフレットノイズ | ブレスノイズ | 海岸 | 鳥の囀り | 電話のベル | ヘリコプター | 拍手 | ガンショット |

から選べるようになっていますが、今後も声のバラエティを増やしてゆく予定です。

● 合成音声とは?

事前に、人の歌声を録音してスペクトル分析し、スペクトル包絡成分をパラメータ化して、音素(環境依存の音素)ごとに平均化してパラメータ軌跡をモデル化して、コンピュータ(サーバ側)に蓄えておきます。歌声を合成するときには、テキストに応じてそれらの環境依存音素モデルを接続して確率が最も高くなるパラメータ軌跡を生成し、そのパラメータで制御されたフィルタと、旋律に従った駆動音源ピッチから、歌声音声波形を合成します。この理論は、フーリエ解析や線形フィルタなどの信号処理の理論と、隠れマルコフモデルなどの確率モデルと、最尤推定などの統計学習の理論を知らなければ、すぐに理解するのは難しいかも知れません。

機械による音声合成の研究の歴史は古く、コンピュータが使えなかったころから、電子回路によるフォルマント音声合成などが研究されてきました。最近は、大量の人の声の録音を使い、それらの部分を繋ぎ合わせる方式や、それらから統計学習して音声合成フィルタを制御する方法などが主流になっています。


■ 伴奏楽器

伴奏楽器の音色は、MIDI 規格で定義されている旋律音(Melodic Sounds)の大部分が使えます。MIDI の音色定義は、Wikipediaにあります。

8小節のブロックごとに以下の項目から選べます。

---- (MIDI -1) | アコースティックピアノ (MIDI 0) | ブライトピアノ (MIDI 1) | エレクトリックグランドピアノ (MIDI 2) | ホンキートンクピアノ (MIDI 3) | エレクトリックピアノ (MIDI 4) | エレクトリックピアノ2 (MIDI 5) | ハープシコード (MIDI 6) | クラビネット (MIDI 7) | チェレスタ (MIDI 8) | グロッケンシュピール (MIDI 9) | オルゴール (MIDI 10) | ヴィブラフォン (MIDI 11) | マリンバ (MIDI 12) | チューブラーベル (MIDI 14) | ダルシマー (MIDI 15) | ドローバーオルガン (MIDI 16) | パーカッシブオルガン (MIDI 17) | ロックオルガン (MIDI 18) | チャーチオルガン (MIDI 19) | リードオルガン (MIDI 20) | アコーディオン (MIDI 21) | ハーモニカ (MIDI 22) | タンゴアコーディオン (MIDI 23) | アコースティックギター(ナイロン弦) (MIDI 24) | アコースティックギター(スチール弦) (MIDI 25) | ジャズギター (MIDI 26) | クリーンギター (MIDI 27) | ミュートギター (MIDI 28) | オーバードライブギター (MIDI 29) | ディストーションギター (MIDI 30) | ギターハーモニクス (MIDI 31) | アコースティックベース (MIDI 32) | フィンガー・ベース (MIDI 33) | ピック・ベース (MIDI 34) | フレットレスベース (MIDI 35) | スラップベース 1 (MIDI 36) | スラップベース 2 (MIDI 37) | シンセベース 1 (MIDI 38) | シンセベース 2 (MIDI 39) | ヴァイオリン (MIDI 40) | ヴィオラ (MIDI 41) | チェロ (MIDI 42) | コントラバス (MIDI 43) | トレモロ (MIDI 44) | ピッチカート (MIDI 45) | ハープ (MIDI 46) | ティンパニ (MIDI 47) | ストリングアンサンブル 1 (MIDI 48) | ストリングアンサンブル 2 (MIDI 49) | シンセストリングス 1 (MIDI 50) | シンセストリングス 2 (MIDI 51) | 声「あー」 (MIDI 52) | 声「おー」 (MIDI 53) | シンセヴォイス (MIDI 54) | オーケストラヒット (MIDI 55) | トランペット (MIDI 56) | トロンボーン (MIDI 57) | チューバ (MIDI 58) | ミュートトランペット (MIDI 59) | フレンチ・ホルン (MIDI 60) | ブラスセクション (MIDI 61) | シンセブラス 1 (MIDI 62) | シンセブラス 2 (MIDI 63) | ソプラノサックス (MIDI 64) | アルトサックス (MIDI 65) | テナーサックス (MIDI 66) | バリトンサックス (MIDI 67) | オーボエ (MIDI 68) | イングリッシュホルン (MIDI 69) | ファゴット (MIDI 70) | クラリネット (MIDI 71) | ピッコロ (MIDI 72) | フルート (MIDI 73) | リコーダー (MIDI 74) | パンフルート (MIDI 75) | 瓶吹き (MIDI 76) | 尺八 (MIDI 77) | 口笛 (MIDI 78) | オカリナ (MIDI 79) | 矩形波 (MIDI 80) | ノコギリ波 (MIDI 81) | カリオペ (MIDI 82) | チフ (MIDI 83) | チャラング (MIDI 84) | 声 (MIDI 85) | フィフスズ (MIDI 86) | バス+リード (MIDI 87) | ファンタジア (MIDI 88) | ウォーム (MIDI 89) | ポリシンセ (MIDI 90) | クワイア (MIDI 91) | ボウ (MIDI 92) | メタリック (MIDI 93) | ハロー (MIDI 94) | スウィープ (MIDI 95) | アイスレイン (MIDI 96) | サウンドトラック (MIDI 97) | クリスタル (MIDI 98) | アトモスフィア (MIDI 99) | ブライトネス (MIDI 100) | ゴブリン (MIDI 101) | エコー (MIDI 102) | サイファイ (MIDI 103) | シタール (MIDI 104) | バンジョー (MIDI 105) | 三味線 (MIDI 106) | 琴 (MIDI 107) | カリンバ (MIDI 108) | バグパイプ (MIDI 109) | フィドル (MIDI 110) | シャハナーイ (MIDI 111) | ティンクルベル (MIDI 112) | アゴゴ (MIDI 113) | スチールドラム (MIDI 114) | ウッドブロック (MIDI 115) | 太鼓 (MIDI 116) | メロディックタム (MIDI 117) | シンセドラム (MIDI 118) | 逆シンバル (MIDI 119) | ギターフレットノイズ (MIDI 120) | ブレスノイズ (MIDI 121) | 海岸 (MIDI 122) | 鳥の囀り (MIDI 123) | 電話のベル (MIDI 124) | ヘリコプター (MIDI 125) | 拍手 (MIDI 126) | ガンショット (MIDI 127) |


■ 伴奏音形

たくさんの伴奏音型が用意してあります。8小節のブロックごとに、以下の項目から選んで設定できます。

実際の音サンプルを聴くには 伴奏音形パターン見本をクリックしてください。(作成協力してください。)


■ サブ楽器

楽器は同時に2種類指定できます。第一伴奏楽器は「伴奏楽器」で指定し、第二伴奏楽器は「サブ楽器」で指定できます。両方を合わせた効果が作れます。

8小節のブロックごとに、以下の項目から選んで設定できます。 不要ならば "----" を選んでください。

---- | アコースティックピアノ | ブライトピアノ | エレクトリックグランドピアノ | ホンキートンクピアノ | エレクトリックピアノ | エレクトリックピアノ2 | ハープシコード | クラビネット | チェレスタ | グロッケンシュピール | オルゴール | ヴィブラフォン | マリンバ | チューブラーベル | ダルシマー | ドローバーオルガン | パーカッシブオルガン | ロックオルガン | チャーチオルガン | リードオルガン | アコーディオン | ハーモニカ | タンゴアコーディオン | アコースティックギター(ナイロン弦) | アコースティックギター(スチール弦) | ジャズギター | クリーンギター | ミュートギター | オーバードライブギター | ディストーションギター | ギターハーモニクス | アコースティックベース | フィンガー・ベース | ピック・ベース | フレットレスベース | スラップベース 1 | スラップベース 2 | シンセベース 1 | シンセベース 2 | ヴァイオリン | ヴィオラ | チェロ | コントラバス | トレモロ | ピッチカート | ハープ | ティンパニ | ストリングアンサンブル 1 | ストリングアンサンブル 2 | シンセストリングス 1 | シンセストリングス 2 | 声「あー」 | 声「おー」 | シンセヴォイス | オーケストラヒット | トランペット | トロンボーン | チューバ | ミュートトランペット | フレンチ・ホルン | ブラスセクション | シンセブラス 1 | シンセブラス 2 | ソプラノサックス | アルトサックス | テナーサックス | バリトンサックス | オーボエ | イングリッシュホルン | ファゴット | クラリネット | ピッコロ | フルート | リコーダー | パンフルート | 瓶吹き | 尺八 | 口笛 | オカリナ | 矩形波 | ノコギリ波 | カリオペ | チフ | チャラング | 声 | フィフスズ | バス+リード | ファンタジア | ウォーム | ポリシンセ | クワイア | ボウ | メタリック | ハロー | スウィープ | アイスレイン | サウンドトラック | クリスタル | アトモスフィア | ブライトネス | ゴブリン | エコー | サイファイ | シタール | バンジョー | 三味線 | 琴 | カリンバ | バグパイプ | フィドル | シャハナーイ | ティンクルベル | アゴゴ | スチールドラム | ウッドブロック | 太鼓 | メロディックタム | シンセドラム | 逆シンバル | ギターフレットノイズ | ブレスノイズ | 海岸 | 鳥の囀り | 電話のベル | ヘリコプター | 拍手 | ガンショット |


■ サブ伴奏

8小節のブロックごとに、以下の項目から選んで設定できます。 不要ならば "----" を選んでください。

---- | 最低音のみ | 最低音のみ4分刻み | 最低音のみ8分刻み | 最低音のみ16分刻み | 最低音のみ付点 | 低音付点リズム | 単純に和音 | 拍刻み和音4分 | 和音8分刻み | 和音16分刻み | 低音和音単純交互4分 | 休符8分低音8分和音2分 | 休符8分和音8分刻み | 休符8分和音4分8分 | 和音8分4分8分 | 低音和音交互8分 | 低音和音交互変形 | アルペジオ8分音符上行 | アルペジオ8分♪bsat型 | アルベルティバス8分 | アルベルティバス変形8分 | 「ロザムンデ」風8分 | アルペジオ16分上行 | アルペジオ16分上下 | アルベルティバス16分 | アルベルティバス変形16分 | 「ロザムンデ」風16分 | 「雨だれ」風16分 | 悲愴風16分 | 「ビゼーのハバネラ」風 | 行進曲1 | 滝廉太郎「花」風 | ロック風01ss | ロック風02ss | ロック風03ss | 軽快01ss | 軽快02ss | 軽快03ss | 軽快04ss | 軽快05ss | 試作1 | 試作2 |


■ ドラムス

打楽器パート(パーカッション)は、8小節のブロックごとに、以下の項目から選んで設定できます。

実際の音サンプルを聴くには ドラムパターン一覧をクリックしてください。(「あ」さん、作成、ありがとうございました。)

ドラムスが不要ならば "----" を選んでください。


■ 二重唱を作るには?

二重唱を作曲できます。手順は次の通りです。 一度作曲された二重唱曲を修正する手順は次の通りです。 一度作曲された二重唱曲の伴奏や第一声(最初の独唱)から修正する手順は、次の通りです。

■ Orpheus 開発協力者を募集します

自動作曲システム Orpheus (オルフェウス) の開発に参加しませんか? 協力の仕方は人により、時間により、居住地により、コンピュータの知識により、さまざまな形があります。皆さんのご協力で、使い易いシステムにして行きたいと思っています。また「皆で育てる自動作曲システム」という実験でもあります。

協力者のページは今後作ってゆきます。連絡先は orpheus.music.org【at】gmail.com です。(【at】は "@" に置き換えてください。) (済みません、admin【at】orpheus-music.org は、現在使用していません。) )

協力の形態としては、

などがあり得ます。

協力内容の例としては、

などが考えられます。

■ Orpheus 解説

(この部分は従来の ver 2.1 の Oprheus 解説を流用。今も基本は変わらない)

    自動作曲システムOrpheus(オルフェウス)は、ユーザが入力した日本語の歌詞に合わせて歌を自動で作曲してくれるインターネット上のシステムです。できあがった歌を人工音声で歌ってくれるので、その場で試聴することもできます。
 

解  説
 

1.言葉と歌詞のイントネーション

    この自動作曲システムのキーワードは「言葉のイントネーション」です。イントネーションとは、言葉を読み上げるときの音の上下動のことで、日本語の意味理解に大きな役割を果たしています。たとえば「はし」という単語の読み方を変えると「箸」にも「橋」にも聞こえるように、異なったイントネーションで読みと意味が変わってしまうのです。

    言葉のイントネーションと似て、歌のメロディも歌詞についた音の上下動です。つまり、歌詞にメロディをつけることは、同時に歌詞の言葉に改めてイントネーションを付けている、と見ることができます。 もし、歌詞にその言葉本来のイントネーションと異なるメロディをつけるとどうなるでしょうか。「橋」と「箸」の場合、たとえ本来の歌詞が「橋」であっても、「は」から「し」へと下降するメロディで歌えば、聴き手には「箸」と間違って聴こえてしまう可能性があります。

    したがって、歌詞の内容を正しく伝える自然なメロディーラインのためには、歌詞のイントネーションの上下に従ってメロディをつくることが重要であると言えます。


2.オルフェウス メロディー作曲のしくみ

    そこでオルフェウスでは、歌詞のイントネーション解析に基づいてメロディを作っています。 キーボードから入力された歌詞のイントネーションを、標準語のデータベースを用いて解析します。次にそのイントネーションの上下に従ったメロディを制作します。

    もちろん、音の上下だけでは音楽らしいメロディはつくれません。そこで、メロディーのリズムやコード進行に合う、最もふさわしいメロディを探します。多数考えられる音の並びの候補からもっとも良いメロディを探すことはコンピュータといえども難しく感じられますが、動的計画法というアルゴリズムによりベストスコアのメロディを効率的に探すことができます。

 

■ 自動作曲システム Orpheus 開発の歴史 (2006.10.01 - )

2006年10月に自動作曲アルゴリズムの研究開発を開始して以来、自動作曲システム Orpheus 開発はすでに9年経過しています。この間に、web 公開、研究発表会での発表と学会受賞(2件)、10回以上のTV報道がありました。今は、Ver 3 の開発が進展しています。

Ver 3.9
  • サーバ交換による変更作業:日本語解析部 [川連]、音声合成部 [下野、宮代]
  • 開発者のユーザ管理機能・データ管理機能の大幅強化(削除機能、公開取り消し機能など) [嵯峨山]
  • ブックマーク機能、掲示板機能、統計表示機能、ユーザプロフィール機能 [嵯峨山]
  • 自動作詞機能強化 [堀]

Ver. 3.5 - 3.8 (2014.3.- 2015.3.) の新機能は、以下のようなものです。

  • ユーザ登録機能 [嵯峨山]
  • 作品公開機能、作者検索機能 [嵯峨山]

Ver 3.4

Ver. 3.4 (2012.10.25-) の新機能は、以下のようなものです。

  • 二重唱作曲機能、条件再設定機能 [桐淵(原理は 深山、嵯峨山)]
  • 音節ごと個別ピッチ範囲制約つき旋律生成機能(サビ生成などに使える)[深山]
  • 開発者のデータ管理機能を大幅に強化(削除機能、公開取り消し機能など) [嵯峨山]
その後は、音楽の構造を設計して、それを埋める形での作曲ができるようにすることを計画しています。
Ver 3.3

自動作曲エンジンを同じ原理で一から作り直しました。これによって、いままで取り切れなかったバグなどが一掃されることを期待しています。 旋律の型として、和声に基づいて和声内音のみ用いた元気のいいタイプと、音楽理論の非和声音規則に基づいた滑らかな旋律のタイプの二種類から選べるようにしました。 また、楽器演奏でも言語に基づいた旋律は心地よいとする仮説に基づいて、歌詞のある旋律を楽器で演奏させる間奏を実現しました。 Ver. 3.3 で実現した新機能は、以下のようなものです。

  • 自動作曲エンジンの作り直し [深山]
  • 歌詞から作曲して楽器に演奏させる前奏・間奏・後奏機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • コード表示機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • 旋律型選択機能(順次進行、跳躍進行) [深山、UI は嵯峨山]
  • 人気投票機能を2ページに(一般向けと特定コミュニティ向け) [嵯峨山]
  • 不適切歌詞への警告機能 [嵯峨山]
Ver 3.2

Ver. 3.2 では、ユーザ参加型のツールを拡充しました。和声進行や、リズムパターンや、ドラムパターンや、それらを組み合わせたスタイルなどを、ユーザがカスタマイズでき、さらにそれに名前をつけて他のユーザにも使えるようにし、そのための開発ツールも公開します。どうぞご協力ください。

どのような自動作曲条件が好まれるのかを知るために、投票機能を設けました。自薦・他薦の曲リストが表示され、聴いた人が「いいね!」をクリックすると、票が増える仕掛けになっています。

一般ユーザが好みの和声進行を追加できるように、和声進行の作成登録ツールを開発し、公開しました。開発者らもこれを用いていろいろな表情の和声進行を作成しています。

Ver. 3.2 で実現した主な新機能は、以下のようなものです。

  • 和声進行の作成と登録のツール公開 [Parham]
  • リズムパターンの作成と登録のツール公開 [嵯峨山]
  • ドラムパターンの作成と登録のツール公開 [林]
  • 歌詞検索機能 [嵯峨山]
  • 作曲結果公開機能と、人気投票機能(「いいね!」"I like it!") [嵯峨山]
  • スタイル自動生成(500種類余り) [深山]
Ver 3.1

Ver. 3.1 から、ユーザ参加型のシステム開発を開始しました。つまり、作曲条件や、和声進行や、リズムパターンや、ドラムパターンや、それらを組み合わせたスタイルなどを、ユーザがカスタマイズでき、さらにそれに名前をつけて他のユーザにも使えるようにし、そのための開発ツールも公開します。どうぞご協力ください。

Ver. 3.1 で実現した新機能は、以下のようなものです。

  • 曲構成編集機能(歌詞挿入・変更・削除、前奏・間奏・後奏の挿入削除) [嵯峨山]
  • 作曲結果の公開 [嵯峨山]
  • 名作展 [嵯峨山]
  • 作曲条件(スタイル)の登録機能 [嵯峨山]
  • 和声進行の一覧と検索 [嵯峨山]
  • リズムパターンの一覧と検索 [嵯峨山]
  • 前奏・間奏・後奏の短縮機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • 歌詞部分の空白機能 [深山]
Ver 3.0

新しいアーキテクチャに従って全面的に作り直し。 新機能としては、自動作詞機能、作曲作業再開機能、 自動歌詞区切り機能、歌詞の読み、イントネーション、 節区切りの手動修正機能、 歌詞解析の高速化、弱起(アウフタクト)、スタイル選択肢大幅増加、 リズムを16分音符単位に変更、リズム選択肢大幅増加、 ドラムス追加、合成音声種類増加、 楽譜表示切り替え機能、題名・作者の記入機能、 オンラインマニュアル整備、音域選択機能、調選択機能、 楽器のみの作曲可能(前奏・間奏・後奏)、 ダウンロード機能、外部リンク登録、など多岐に渡ります。

深山が作曲エンジンを、 嵯峨山がアーキテクチャ、ユーザインタフェース、開発ツールを、 林が開発ツールのリズム作成ツール、その他 工学部 計数工学科 3年生有志がリズムパターンを開発。
長らくサービスをしていた Ver. 2.1 からは、全面的に作り直し、以下のような多数の新機能が追加されています。

  • 自動作詞機能 [堀]
  • 作曲作業再開機能 [嵯峨山]
  • 自動歌詞区切り機能
  • 歌詞の読み、イントネーション、節区切りの手動修正機能 [嵯峨山]
  • 歌詞解析の高速化 [深山、Fairy Devices]
  • 弱起(アウフタクト) [深山]
  • スタイル選択肢増加 [嵯峨山]
  • リズムを16分音符単位に変更 [深山]
  • リズム選択肢増加 [工藤、嵯峨山]
  • ドラムス追加
  • 合成音声種類増加 [齋藤、嵯峨山]
  • 楽譜表示切り替え機能、題名・作者の記入機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • オンラインマニュアル整備 [嵯峨山]
  • 音域選択機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • 調選択機能 [深山、UI は嵯峨山]
  • 前奏・間奏・後奏が挿入可能(歌詞を「♪」のみにする) [嵯峨山]
  • ダウンロード機能 [嵯峨山]
  • 外部リンク登録 [嵯峨山]
  • Twitter登録 [深山]
2011/12/29 web 公開 (by 嵯峨山、齋藤)

システムの主な開発者は以下の通りです。

  • Orpheus Ver 3.0 開発者 (2010.10-
    • 嵯峨山 茂樹(教授): 全体アーキテクチャとデータ構造設計、PHPプログラミング(ユーザインタフェース)、マニュアルページ作成、各種開発ツール(和声設計、リズム木構造作成、etc.)、自動歌詞区切り、ライブラリ作成
    • 深山 覚(D2): 旋律生成アルゴリズム、楽譜生成印刷
    • 堀 玄(亜細亜大学准教授):自動作詞機能
    • 酒向 慎司(名工大助教): 合成歌唱音声追加
    • 林くん...:ドラムパターン作成プログラム
    • 平田くん...:ドラムパターンライブラリ作成
    • 齋藤大輔(助教): プログラミング助言、web サーバ
    • 工藤 佑太、石原くん...(計数工学科 4年): リズムライブラリ追加
    • 高宗 典玄、杉友 盛佑(計数工学科4年実験生): 自動作詞アルゴリズム
    • フェアリーデバイセズ社: web対応プログラミング(特にjavascript:但し、使われていない)、デバッグ
Ver 2.1

歌詞中に含まれる句読点にしたがって
歌詞とメロディの区切りをそろえて作曲されるよう改良
既存の曲を素材としてパターンを増強
(工学部 計数工学科/物理工学科 3年生有志と共同開発)

深山 工藤 鈴木 石原 末石 嵯峨山
2011/04/23

Orpheus Ver 2.1 開発者

  • 深山 覚: 旋律生成アルゴリズム、楽譜生成印刷
  • 深山 覚 (M1?) 担当:自動作曲の研究・プロジェクト統括(Ver1.2.1 -)
  • 秦 思為 修士課程 ( - 2011.3) 担当:作曲コンテンツ素材作成(Ver2.0 -)
  • 金 泰憲 修士課程 ( - 2011.3) 担当:ver 2.0 機能の検討および実装・作曲コンテンツ素材作成(Ver2.0 -)
  • 中野 拓帆 修士課程 ( - 2011.3) 担当:作曲コンテンツ素材作成・開発システム管理(Ver2.0 -)
  • 鈴木 秦成 (工学部 物理工学科 4年) 担当:歌詞とメロディ区切り同期の実装 / 作曲コンテンツ素材作成 (Ver.2.1 -)
  • 工藤 佑太 (工学部 計数工学科 4年) 担当:作曲コンテンツ素材作成 (Ver.2.1 -)
  • 石原 達馬 (工学部 計数工学科 4年) 担当:作曲コンテンツ素材作成 (Ver.2.1 -)
  • 末石 智大 (工学部 計数工学科 4年) 担当:作曲コンテンツ素材作成 (Ver.2.1 -)

Ver 2.0

A-B-Aのような構成の音楽生成のために、
曲の部分ごとにそれぞれ作曲可能なシステムを実装
国際会議(ICEC, International Conference on Entertainment Computing)へ投稿

深山 米林 金 秦 中野 西本 嵯峨山
2009/04/20

Orpheus Ver 2.0 開発者 ()

  • 深山 覚(D2): 旋律生成アルゴリズム、楽譜生成印刷
Ver 1.2.3

オルフェウスの歌声合成を初音ミクで行うデモ
16分音符を利用したメロディーのリズムが可能に

米林 中野 深山 西本 嵯峨山
2008/11/10
Ver 1.2.2

ニュースを自動的に読み込み自動作曲する実装
Yahoo! JAPAN デベロッパーネットワークと提携

米林
2008/10/05
Ver 1.2.1

大規模会場(日本科学未来館)でのデモのため、不特定多数からメールで送られてきた歌詞を次々と作曲し、ジュークボックスのように作曲結果を表示、演奏する形のデモシステムを実装した
5日間のイベントで3000曲を自動生成

和泉 深山「システム設計・実装(Ver1.2.1)」 西本 嵯峨山
2008/07/26~30
Ver 1.2

FLASHコンテンツなどを用いてwebデザインを大幅に改良
作曲オプション(和声進行 伴奏 リズム)の選択肢を増強
伴奏の楽器指定が可能
情報処理学会インタラクション2008にてインタラクティブ発表賞を受賞

米林 山本 和泉 角尾 深山 西本 嵯峨山
2008/03/03~04

Orpheus Ver 1.2 開発者

  • 米林 裕一郎
  • 山本 遼
  • 和泉 洋介
  • 角尾 衣未留(M1?): webデザイン・作曲コンテンツ素材作成(Ver1.2)
  • 深山 覚
  • 西本 卓也
  • 嵯峨山 茂樹
Ver 1.1

webアプリケーションとして実装
テンポ変化のオプションが加わる webブラウザから歌詞やオプションを入力可能。
短い歌詞に対応した歌詞の繰り返し機能を追加。
駒場博物館「機械仕掛けの音楽」展にて初公開した。

米林 Berg 西本 嵯峨山
2007/10/20(~ 2007/12/02)

Orpheus Ver 1.1 開発者 (2007.8 - 9)

  • 米林 裕一郎(博士課程): web上システムの設計・実装 (Ver1.1 -)
  • 山本 遼(博士課程): webデザイン・作曲コンテンツ素材作成(Ver1.2)
  • 和泉 洋介(博士課程): webデザイン・作曲コンテンツ素材作成(Ver1.2) (- 2010.10)
  • Oyvind Raddum Berg(IAESTE研修生): web上システムの実装
  • 西本 卓也(助手): サーバ
  • 嵯峨山 茂樹(教授): 全体






非web公開版
Ver 1.0

歌詞の韻律に基づく自動作曲アルゴリズムを実装
歌声合成により生成楽曲を聞くことができた。

Orpheus Ver 1.0 開発者 (2006.10-2007.3)

  • 中妻 啓(卒論生): 旋律生成、楽譜生成印刷、結果評価
  • 酒向 慎司(特任助手): 合成歌唱音声エンジン提供、韻律解析
  • 西本 卓也(助手): 韻律解析 (Galatea-talk を利用)
  • 嵯峨山 茂樹(教授): 構想、アルゴリズム発案、伴奏生成スクリプト作成
  • 金子 仁美(桐朋学園大学講師): 自動作曲結果評価
2007/03/15 日本音響学会 春季研究発表会 にて研究発表 (Orpheus 初発表)

■ Ver 3.0 開発工程

当サービスは、情報理工学あるいは計数工学の一環として、歌唱曲を自動的に生成する理論と技術の実証のために行っています。多くの方々に試して頂けると有難いです。以下のリストは、開発チームの内部用の開発進行管理表なので、分かりにくくて済みません。


###  完了 or 進行中のもの(追加してください) ###

★ システム設計 (主に嵯峨山)
  - 構想、機能分割、処理フロー設計(.ppt)、パラメータパケット原案: 2010.11 嵯峨山
  - パラメタパケットで用いる変数追加・記法の調整: 2011.05 深山 浅利 嵯峨山
  - 3〜4種類のモックアップ(Orpheus-top.php, Orpheus-basic.php, etc.)を作成、比較・選択・方針決定:
    2010.12 嵯峨山

★ 作曲エンジン (主に中妻 v1.0、中妻・米林・深山 v2.0、深山 v3.0)
  - 半音階による非和声音で規則に適さないものが出る場合を直す
 - 作曲パラメタのトライアンドエラーによるチューニングのためのwebベースUI実装 深山 2011.9.30
  - アウフタクトを持つ楽曲の生成 深山 2011.9.16
  - アウフタクトが前の構造部分にまたぐ場合の処理 【作業中】
  - ドラムス追加 深山 2011.11.01
  - 複数リズムツリーによる作曲 深山 【着手】
  - テンプレートからの作曲 深山 【着手】
  - 和声進行をC調から移調できるようにする【完了】

★ 文章解析エンジン (主に酒向: gtalk 利用)
 - 歌詞解析エンジン常駐化(解析プロセス処理高速化) 2011.8.22 浅利 深山
  - 長いモーラ数のアクセント句(16モーラ以上)の分割処理修正 2011.8.23 深山
 - カタカナからローマ字への変換をロバスト化 2011.8.23 深山
  - 歌詞の自動分割適正化 2011.8.26 深山 (以前より最後まで歌詞を使う、ただし継続して調整必要)
    → 2011.12.13 嵯峨山(全面的に書き直し)

★ 歌声合成エンジン (合成エンジン部:酒向 合成エンジンに与えるファイル生成C++コード:深山(部分的に中妻))
  - 歌声モデルを増やす ?? 2011-06? 酒向
  - 歌声αパラメータを変化(Orpheus-param.inc 内で種類を増やす) 2011.8 斎藤 深山
  - 歌声と伴奏のずれを直す 2011.8.26 深山

★ 出力物生成機能
  - lilypond 譜面autocompletion機能enable 浅利
  - wavファイルの連結script 浅利
 - vsqファイル出力 2011.10.14 深山 【着手】
  - ドラムス音含めた伴奏音生成を一括化(結果としてカラオケの作成)【完了】

★ 自動作詞エンジン (主に堀)
  - bigram, co-occurrence 統計 : 2011.7 堀
  - DP-based の自動作詞アルゴリズム : 2011.7 堀 高宗典玄(前期実験生)
 - 自動作詞される文章を長文化: 2011.09 堀先生に依頼

★ 主機能画面作成 (主に嵯峨山)
  - 先頭画面(index.php), 詳細設定画面(Orpheus-setup.php), 作曲・結果表示画面(Orpheus-compose.php)
    の3ステップ: 2010-11, 2011-03 嵯峨山
  - 呼び出されるスクリプトなど .c, .sh
  - 空行によって1番、2番、などの分割 : 2010-11 嵯峨山
  - 作曲条件保存機能, プリセット機能(Orpheus-preset.inc)
  - 条件設定選択肢(Orpheus-param.inc)内容作成
  - 読み・韻律の表示・修正機能 (テキスト版:嵯峨山 / GUI版:FairyDevices)
  - リズムのカスタム設定(Orpheus-tool-rhythm.php利用機能): 2011-08 嵯峨山

★ 補助機能画面作成 (主に嵯峨山)
  - 自動作詞 Web インタフェース Javascript 書き: 2011-07-26 堀
  - 再開機能(Orpheus-resume.php) 2010-11 嵯峨山
  - 文章例と読み込み(Orpheus-resume.php): 2011-03 嵯峨山
  - コメント記入ページ(Orpheus-comments.php): 2010-11 嵯峨山
  - 外部リンク登録ページ(Orpheus-links.php): 2011-08 嵯峨山
  - 作曲の確率パラメタ調整画面: 2011-10 深山

★ 説明・解説・サンプル画面作成 (主に嵯峨山)
  - ユーザ向けの各項目の説明: プリセット値(Orpheus-desc-preset.html)、
    旋律リズム(Orpheus-desc-rhythm.html)、和声進行(Orpheus-desc-harmony.html)、
    移調、最高音、最低音(Orpheus-desc-key.html)、テンポ(Orpheus-desc-tempo.html)、
    伴奏楽器(Orpheus-desc-instr.html)、伴奏音型(Orpheus-desc-pattern.html)など:
    2011-04 嵯峨山【未完成】
  - 活用のヒントのページ+作曲例(Orpheus-desc-usage.html):【作曲例=未完成】
  - 総論、著作権(Orpheus-desc-copyright.html): 2010-11 嵯峨山
  - 自動作曲の原理(Orpheus-desc-principle.html): 2010-11 嵯峨山
  - id の説明【未完成】

★ 各種 tool 作成 (主に嵯峨山)
 - リズム木作成tool、深山形式変換(Orpheus-tool-rhythm.php, -abc.c, -conv.c): 2011-08-13 嵯峨山
  - 和声作成tool、深山形式変換(Orpheus-tool-harmony.php, .sh, .c): 2011-08-14 嵯峨山
  - リソース登録・変更画面(Orpheus-tool-resources.php): 2011-08-15 嵯峨山
  - プリセット内容登録・変更画面(Orpheus-tool-preset.php): 2011-08-18 嵯峨山
  - 作業計画(この文書)表示・変更画面、衝突回避(Orpheus-tool-tasks.php): 2011-08-19 嵯峨山
  - カスタム設定機能: 2011-08-15 嵯峨山
  - ドラムスパターン生成画面: 2011-09-13 林 嵯峨山

★ 各種ライブラリデータ作成 (主に v1: 中妻 / v2: 多数 / v3: 工藤、石原、嵯峨山)
  - 手作りで、リズムパターン20種、和声進行パターン: 2011-04 工藤 石原
  - ツールで作成:リズムパターンを4種: 2011-08 嵯峨山、和声進行パターン1種:嵯峨山
  - 既存の打楽器パターンをツールを用いて焼き直し: 2011-10-28 林
  - パターン増強(ドラムス含む): 2011-10-28

★ サーバ設定 (主に齋藤)
  - v3.0 開発用サーバ、アカウント設定: 2011-08 齋藤
  - 林君用のアカウント設定: 2011-08-23 深山

★ 広報
  - ビデオ作り
  - v3 のコラボレータ(パターン作り・実際の作品作り) 【2年生のコラボレータ募集】 

### 計画 ###

★11月18日〆
- ドラムスをも一括したlilypondの作成、音合成、組み合わせ
  ー> 結果としてカラオケもできる、アウフタクト対応もできる
- アウフタクトがある場合に、前の構造部分からのフェードをつける
- 解説文の執筆を依頼
	日本語:?
	中国語:?
	スペイン語:ミケル
	韓国語:李?
	ドイツ語:sadjad?

★11月25日〆
- 和声進行パターンをC調から移調して使えるようにする
- 解説文の執筆取りまとめ

★12月2日〆
- 構造の数に合わせたプリセット準備



(優先度が高いもの☆)
<第1フェーズ 8月26日 1週間>
☆打楽器パターンのwavを組み込んで生成できるようにする 【完了】
☆打楽器パターンのサンプルを作成する(担当:林君) 【完了】
 C調で書かれた和声進行パターンからの転調機能 【作業中】
☆歌詞の分割において0モーラへの分割が起こらないようにする 【完了】
☆歌声と伴奏のテンポのずれを直す 【完了】
☆アウフタクトを持つ場合に曲の接続部分に注意して繋ぐ 【作業中】
☆メロディの最後に休符がある場合に歌声合成で空白部分を作って繋ぐ 【完了】
他、第1フェーズ期間中に行った作業:
  - 林君用のアカウント設定: 2011-08-23 深山【完了】
 - 歌詞解析エンジン常駐化(解析プロセス処理高速化) 2011.8.22 浅利 深山【完了】
  - 長いモーラ数のアクセント句(16モーラ以上)の分割処理修正 2011.8.23 深山【完了】
 - カタカナからローマ字への変換をロバスト化 2011.8.23 深山【完了】

<第2フェーズ 9月2日  1週間>
☆gtalkプロセスの常駐化 【完了】
☆打楽器パターン作成ツール作成+打楽器パターンの作成(林君)【完了】
パターンファイルにコメント文が入れられるようにする【完了】
☆UIのプリセット値を割り当てる【未着手】
lilypondの小節auto-complete機能を使わずに手動で譜面作成【未着手】
(☆)韻律とリズムの編集UIの改良(担当:fairydevices)
☆自動作詞で長い歌詞が作れるようにする(担当:堀先生に協力要請)【要請済み】
歌声をなぞる伴奏音を廃止、ないしはパンフルートなど違う楽器にする【未着手】
☆作曲エンジンのデバッグ(第7音下行・非和声音ルールの強化)【完了】

<第3フェーズ 9月9日  1週間> ー> <10月7日 延期>
セキュリティの問題点についての洗い出し 【フェアリーデバイセズと打ち合わせ済み】
プリセットを作成する(打楽器を用いて)【作業中】
プリセットからの直接作曲機能 【未着手】
パターン作成(和声進行・リズム・ドラムス・伴奏)toolsを使って作成を行う 【ドラムス完了】
ツールで作成されたcustomの扱い 【未着手】
7,8小節目用のリズムパターンを作って、最後を全音符にする 【作業中】
説明文章の執筆1

(この間合宿+音響学会)

<リリース前のフェーズ 9月30日> ー> <10月31日 延期>
デザイン・インタフェイスの改良(文字を並べずに画像を使って)【未着手】
テキスト解析のエラーが起きる場合を洗い出し 【作業中】
リンク切れなどの最終確認 
分割前の歌詞を表示するのをやめるかどうか検討
3拍子対策
説明文章の執筆2

####

- 開発環境
 林君がドラム編集UI作成テストのため、アカウント作成 22日(深山)

○歌詞入力画面(第1画面)関連
- 解説項目
 説明各項目の文章を充実させる
 第一画面以外からのリンクではリンク切れになっていることがある(免責事項)
- 歌詞解析
 歌詞の解析でできるだけ止まらないようにする
  localeの問題は解決済み(08192011)
- 自動作詞
 もっと長い歌詞を作れるようにする
- プリセット
 項目の検討
 各項目内容を決定 (その前にパターンの充実・試行)
- toolsの充実
 打楽器パターンの作成ツール
  22日 lilypondの作例
  29日 phpでUIの第一版作成状況報告
 他項目のツールの充実
- サーバ運用上の問題 & セキュリティ
 htmlを生成するphpが簡単に改変できるようになっていないか?
 運用上たくさん生成されるファイルの管理をどうするか?
  (ex) mp3は一日ごとに消す リンクを切り替え cronでプロセスを走らせる バックアップ 圧縮
 gtalkのプロセスが生きつづけるときがあるのはなぜか?
 gtalkプロセスを常駐化させる(処理スピードを早めるため)
- 画面の構成(特に位置)のデザイン
 ブラウザ依存もあるが。。
 リンクを文字からのリンクでなく、おしゃれな画像ファイル(文字の画像)からのリンクにする
- プリセットからの作曲機能 

○作曲条件編集画面(第2画面)関連
- UIのプリセット値を割り当てる
- 歌詞分割
 0モーラに分割しないようにする
 歌詞の途中での繰り返しを減らす(なぜ歌詞を最後まで使わずに繰り返してしまうのか)
  できるだけ歌詞を最後まで入れるようにする
- デザイン
 段落への分割前の歌詞表示(赤文字)はいらない?
  (ただし)
  歌詞がとても長いときのoverviewには良さそう
  歌詞解析に失敗した場合のデバッグ出力には良い
 先頭画面に戻るリンクを作成する(オルフェウスのロゴ?)
 「作曲する」のボタンは上と下の両方にあってよい
- パターンのファイルにコメント文
 先頭に#があればコメントにする
 各行がなにに対応するか可読性がよいのが理想
- 作曲パラメータの新規項目
 打楽器パターン
  打楽器パターンをエンジンの方で使えるようにする
   打楽器パターンを作成する
 サブ伴奏パターン
  サブ伴奏がエンジンの方で使えるようにする
  ひとまずは既存のパターンで のち作成
 作曲者・作詞者・タイトル・サブタイトル(defaultはID)
- 和声進行パターンの充実
  (なにを増やすか)
  最後がドミナントで終わるもの
  シンプルなもの
  和声進行パターンのフォーマット変更(スケールも書くようにする)
  の後、一時転調を含むパターン
  パターン名に調を明記する
- リズムパターン
  (なにを増やすか)
  小学校の音楽の教科書で取り上げられそうな、単純すぎず複雑すぎないもの
   (すでに嵯峨山追加の行進曲のように)
  ツールをつかってパターンを増やす
  アウフタクト用のリズムツリー設計の際に、フォーマットの冗長性を改善
   リズムツリーファイルの先頭

- 伴奏パターン
  (なにを増やすか)
  16分音符を含む動きがあるもの(現代的に)
  歌声をなぞる伴奏音を廃止、ないしはパンフルートなど違う楽器にする
- ツールで作成・編集された「カスタム」の扱い
  pat/harmony/custom/{id} (<- parameterpacketとは違うid )
  パラメタパケットではファイル名指定であるので、これで使えるはず
- 楽器音の設定
   音がでないものをリストから外す(あるいは音がでるように)
  音が出るもの、出ないもののリスト作成+パッチ作成 (既に作成)
  timidity以外のコマンドラインで動くものを探す
- 韻律とリズムの編集機能(fairydevices)
 ブラウザ依存の問題の解決
 アクセント区切りの表示の仕方を縦の線にする(音符を表す四角の右端)
 説明を追加する
 preview -> 聴く
 音色のデフォルトはアタックとサステインがはっきりしたtrumpet,sopranosaxのようなものが良い
- パターンのファイル名を内容がわかりやすく、とっつきやすいものにする
 和声進行パターンの名前に調を入れる
- 作曲条件
 コードネームとスケールの条件は統一的に1本のストリングないし配列でかけると、
 エンジンがやることがスリム化されてよい

○作曲結果表示画面(第3画面)+作曲エンジンの機能追加
- 歌声と伴奏のテンポのズレ
  酒向エンジンの問題? → そうではない
  深山側スクリプトのテンポ設定部分の割り算がintの割り算になっていないか? → 深山側に問題。解決済
- 構成を持つ作曲の際に部分部分のwavをつなぐ
  歌声が最後に休符があるときに、休符の情報を含めて歌声合成するとずれないかも
- 小節線をまたぐ音符の扱い
    lilypondのauto complete機能を使わずに、実装する
- 作曲エンジンのデバッグ
 第7音下降
 スケール外音の制約強化
 非和声音ルールを満たさないものの確率をもっと下げる
 エンジン性能のデバッグは継続的に


(written by 嵯峨山 茂樹 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 : 2013.3 まで))
再開する作例と解説開発協力者募集Orpheus 2.1 (旧版)掲示板twitter公開作品著作権・免責事項
Orpheus Version 3.0 alpha, 31 Dec 2011, All rights reserved
Contact: admin【at】orpheus-music.org