Version 3.11 (Nov 2017) [ →開発の歴史]
05:01:47 up 1211 days, 16:55, / load average: 0.18,

●ユーザ登録するには → ユーザ登録希望
●ユーザ登録済みなら → ログインする
公開作品 396739 の作曲条件を読み込みました。

この作品は以下の設定で自動作曲されました。

初回向け: 作品 396739 を手本にした作曲を始めます

自動作曲条件の詳細設定のページです。2回目以後は、にしましょう
(1) 歌詞・読み・抑揚を自分の歌詞に変更し、(2) 作曲条件をお好みのように変更・設定して、(3) ページ下方の「作曲」をクリックして下さい。

これは独唱曲(途中で歌手交代可)の自動作曲です。二重唱は、独唱曲作曲後に「二重唱作曲」をクリックして行ってください。

曲名、作者名、楽譜表示を自分用に変更してください。

●曲名(必須): 楽譜表示、検索、公開のために必要です。以下の入力欄で入力や変更ができます。
●作者名(必須): やはり楽譜、公開、検索のために必要です。ニックネームでも構いません。(なお、半角括弧は使えません)
●楽譜表示: 作曲した曲の楽譜に、歌唱旋律とともに何を表示するかをメニューから選べます。
●コードも表示: 普段は楽譜にコード(Chord, 和音)が表示される設定になっていますが、チェックを外すとコードは表示されません。
● 曲名 作者 楽譜表示  コードも表示


手本にしている曲ではなく、スタイルをすっかり変えたいですか? 全節の一括変更ができます。

以下の各節の作曲条件を一つ一つ設定するのが面倒ならば、すでに作られている「スタイル★」で一括設定できます。次の行のメニューでスタイルを選んで、「全節に適用」をクリックして下さい。各スタイルの見本は作成中ですが、一部は「サンプル」をクリックして聴くことができます。
● 別のスタイル★ を、一括して以下の することができます。(現在、不調:原因究明中)
上でスタイル一括設定した後でも、各節の作曲条件を細かく変更できます。特に、和声進行とリズムと旋律型を変えて見て下さい。また、間奏や歌詞を増やしたり減らしたりして曲構成を変更できます。
曲開始

先頭に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「前奏」をクリックすると、先頭に新しい歌詞の節を挿入したり、前奏を挿入したりできます。クリックすると更新されたページに変わりますので、新しい節の条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 1 節(楽器のみ)の作曲条件設定はこれでいいですか?

第 1 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
●間奏短縮: 和声進行は8小節が単位ですが、それを部分的に使うことができます。これによって、短い間奏が作れます。どの小節を使うか指定してください。
●伴奏音形: 楽器伴奏の音形を多数の種類から指定できます。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第1節





スタイル★
をこの節に
和声進行=
間奏短縮=
調の設定=
拍子設定=
速度指定=
伴奏楽器=
伴奏音形=
サブ楽器=
サブ音形=
ドラムス=
前奏


    

第 1 節と第 2 節の間に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「間奏」をクリックすると、第 1 節と第 2 節の間に、新しい歌詞の節を挿入したり、間奏を挿入したりできます。クリックして新しい節が挿入されて更新されたページで、それらの条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 2 節(楽器のみ)の作曲条件設定はこれでいいですか?

第 2 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
●間奏短縮: 和声進行は8小節が単位ですが、それを部分的に使うことができます。これによって、短い間奏が作れます。どの小節を使うか指定してください。
●伴奏音形: 楽器伴奏の音形を多数の種類から指定できます。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第2節





スタイル★
をこの節に
和声進行=
間奏短縮=
調の設定=
拍子設定=
速度指定=
伴奏楽器=
伴奏音形=
サブ楽器=
サブ音形=
ドラムス=
間奏


    

第 2 節と第 3 節の間に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「間奏」をクリックすると、第 2 節と第 3 節の間に、新しい歌詞の節を挿入したり、間奏を挿入したりできます。クリックして新しい節が挿入されて更新されたページで、それらの条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 3 節(声と伴奏)の読みと抑揚、作曲条件を必要に応じて修正してください。

第 3 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●まず、歌詞を入力して「歌詞をセット」をクリックして、自動解析された歌詞の読みと抑揚(上昇"^", 下降"_")・文節区切り(/)を確認して修正して下さい。
●歌声指定: 男女数種類の声の他に楽器も指定できます。
●リズム形: 歌唱旋律のリズムの形を選びます。メロディの印象が大きく変わります。
●旋律の型: 順次進行型と跳躍進行型から選べます。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第3節





スタイル★
をこの節に
歌声指定=
リズム形=
旋律の型=
音域上限=
音域下限=
音声音量=
和声進行=
調の設定=
拍子設定=
速度指定=
伴奏楽器=
伴奏音形=
サブ楽器=
サブ音形=
ドラムス=
歌詞(漢字かな混じり3~4行)

 歌詞を変更したらをクリックして、
下↓の読み・抑揚(上昇(^), 下降(_))・文節区切り(/)を修正


第 3 節と第 4 節の間に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「間奏」をクリックすると、第 3 節と第 4 節の間に、新しい歌詞の節を挿入したり、間奏を挿入したりできます。クリックして新しい節が挿入されて更新されたページで、それらの条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 4 節(声と伴奏)の読みと抑揚、作曲条件を必要に応じて修正してください。

第 4 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●まず、歌詞を入力して「歌詞をセット」をクリックして、自動解析された歌詞の読みと抑揚(上昇"^", 下降"_")・文節区切り(/)を確認して修正して下さい。
●歌声指定: 男女数種類の声の他に楽器も指定できます。
●リズム形: 歌唱旋律のリズムの形を選びます。メロディの印象が大きく変わります。
●旋律の型: 順次進行型と跳躍進行型から選べます。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第4節





スタイル★
をこの節に
歌声指定=
リズム形=
旋律の型=
音域上限=
音域下限=
音声音量=
和声進行=
調の設定=
拍子設定=
速度指定=
伴奏楽器=
伴奏音形=
サブ楽器=
サブ音形=
ドラムス=
歌詞(漢字かな混じり3~4行)

 歌詞を変更したらをクリックして、
下↓の読み・抑揚(上昇(^), 下降(_))・文節区切り(/)を修正


第 4 節と第 5 節の間に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「間奏」をクリックすると、第 4 節と第 5 節の間に、新しい歌詞の節を挿入したり、間奏を挿入したりできます。クリックして新しい節が挿入されて更新されたページで、それらの条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 5 節(楽器のみ)の作曲条件設定はこれでいいですか?

第 5 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
●間奏短縮: 和声進行は8小節が単位ですが、それを部分的に使うことができます。これによって、短い間奏が作れます。どの小節を使うか指定してください。
●伴奏音形: 楽器伴奏の音形を多数の種類から指定できます。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第5節





スタイル★
をこの節に
和声進行=
間奏短縮=
調の設定=
拍子設定=
速度指定=
伴奏楽器=
伴奏音形=
サブ楽器=
サブ音形=
ドラムス=
間奏


    

第 5 節と第 6 節の間に節を挿入したいですか?

以下の「別の歌詞」か「間奏」をクリックすると、第 5 節と第 6 節の間に、新しい歌詞の節を挿入したり、間奏を挿入したりできます。クリックして新しい節が挿入されて更新されたページで、それらの条件設定をして下さい。
 ← ここに or を挿入?

第 6 節(声と伴奏)の読みと抑揚、作曲条件を必要に応じて修正してください。

第 6 節の作曲条件をお好みのように変更できます。現在の設定は以下のメニューのようになっています。
●まず、歌詞を入力して「歌詞をセット」をクリックして、自動解析された歌詞の読みと抑揚(上昇"^", 下降"_")・文節区切り(/)を確認して修正して下さい。
●歌声指定: 男女数種類の声の他に楽器も指定できます。
●リズム形: 歌唱旋律のリズムの形を選びます。メロディの印象が大きく変わります。
●旋律の型: 順次進行型と跳躍進行型から選べます。
●和声進行: 旋律と伴奏のコード進行を選びます。曲想を決める最重要な要素です。
左中央の「削除」でこの節を削除することもできます。
また、上のメニューで選択したスタイル★を、この節だけに適用するには「適用」をクリックして下さい。

第6節





スタイル★
をこの節に
歌声指定=
リズム形=
旋律の型=
音域上限=
音域下限=
音声音量=
和声進行=